世界の中の日本

  • マップ
  • マップ
北アメリカ 南アメリカ 国連 ヨーロッパ アフリカ 中東 アジア 日本 オセアニア
1 2 3
2019年12月04日

ニュース:両陛下、即位関連行事終了

即位関連行事終わる 両陛下、宮中三殿で拝礼

(2019/12/4、日本経済新聞)

 

天皇、皇后両陛下は4日、皇居・宮中三殿のうち、皇祖神の天照大神を祭る賢所で、「御神楽(みかぐら)の儀」に臨まれた。天皇陛下が即位された5月から約7カ月にわたって続いた一連の即位関連行事は、この儀式ですべて終了した。これに先立ち、両陛下は同日午前、宮中三殿で即位礼と大嘗祭(だいじょうさい)が無事終了したことを報告する「親謁の儀」にも臨まれた。陛下は天皇専用の伝統装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」、皇后さまは五衣(いつつぎぬ)、小袿(こうちぎ)、長袴(ながばかま)の古式装束姿で拝礼された。即位関連行事は、5月1日の「剣璽等承継の儀」などの国事行為をはじめ、天皇一代に限り一度きりの皇室行事「大嘗祭」といった宮中祭祀(さいし)など30以上に上った。

2019年11月30日

ニュース:秋篠宮さま、お誕生日

秋篠宮さま きょう54歳の誕生日

(2019年11月30日  NHK News Web 抜粋)

 

皇位継承順位1位の皇嗣の秋篠宮さまは、30日、54歳の誕生日を迎えられました。秋篠宮さまは、皇嗣として初めて迎える誕生日を前に、お住まいのある赤坂御用地で記者会見に臨まれました。この中で秋篠宮さまは、新しい時代の皇室像などを尋ねられたのに対し、上皇さまの姿を念頭に、「国民と苦楽を共にし国民の幸せを願いつつ務めを果たしていく、これはやはり基本にあることだと、私は考えております」と述べられました。そのうえで、「時代によって要請も変わってきます。時代時代に即した在り方というのは、常に考えていかなければいけないと思っています」と話されました。

 

一方、秋篠宮さまは、長女の眞子さまと、婚約が内定している小室圭さんの結婚に関する質問にもこたえられました。眞子さまは去年2月、ご自身と小室さんの気持ちを文書であらわし、結婚に向けた行事などについて、「皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了したあとの再来年に延期し、十分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました」と記されました。

 

秋篠宮さまは、こうした経緯を踏まえて、「この次の2月で2年たつわけですね。やはり、昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております」と話されました。また、結婚の見通しについては、去年の記者会見で、「多くの人がそのことを納得し、喜んでくれる状況にならなければ、いわゆる婚約に当たる納采の儀(のうさいのぎ)というのを行うことはできません」などと述べられています。秋篠宮さまは、今回の会見で、眞子さまと結婚のことについて話をする機会はないと話し、「結婚の見通しについては昨年お話ししたことと変わっておりません」と述べられました。

2019年11月22日

ニュース:両陛下、伊勢神宮に即位報告

天皇陛下「親謁の儀」で伊勢神宮外宮ご参拝

(2019.11.22、産経新聞)

 

三重県を訪問中の天皇、皇后両陛下は22日午前、伊勢神宮の外宮(げくう)(伊勢市)を訪れ、皇位継承に伴う一連の国事行為「即位の礼」と、一世一度の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」を終えたことを報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨まれた。

 

両陛下は宿泊先の内宮行在所(あんざいしょ)を出発後、衣食住の神である豊受大神(とようけのおおみかみ)を祭る外宮にご移動。先に天皇陛下が祭儀の正装「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」姿で馬車に乗車し、「三種の神器」のうち剣と璽(じ)(勾玉(まがたま))とともに、正殿に通じる門に到着された。馬車は重要な皇室行事で使われる宮内庁の「儀装馬車2号」で、上皇さまが平成時の「親謁の儀」で乗られたものを修復した。

 

陛下は鳳凰(ほうおう)の飾りの付いたかさのような「菅蓋(かんがい)」が差し掛けられる中、歩いて正殿に昇り、玉串をささげて拝礼された。陛下のご拝礼後、十二単(じゅうにひとえ)姿の皇后さまが御料車で正殿へ向かい、同様の所作でご拝礼。両陛下は23日、内宮(ないくう)で拝礼後、帰京される。

 

★☆★☆★☆

両陛下「親謁の儀」で伊勢神宮内宮ご参拝

(2019.11.23、産経新聞)

 

三重県を訪問中の天皇、皇后両陛下は23日午前、皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る伊勢神宮の内宮(伊勢市)を訪れ、皇位継承に伴う一連の国事行為「即位の礼」と、一世一度の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」を終えたことを報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨まれた。

 

祭儀の正装「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」姿の天皇陛下は宿泊する内宮行在所(あんざいしょ)から、儀装馬車に乗車されて内宮・正殿に通じる門へ。正殿に昇り、玉串をささげ拝礼された。続いて十二単(じゅうにひとえ)姿の皇后さまが10日に行われた国事行為のパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」でも使用されたオープンカーで正殿に通じる門へ進み、同様の所作で拝礼された。両陛下は23日午後、帰京される。

 

一連の儀式を終えたことを報告される「親謁の儀」は今後▽27日に神武天皇陵(奈良県橿原市)、孝明天皇陵(京都市)▽28日に明治天皇陵(京都市)▽12月3日に昭和天皇陵、大正天皇陵(ともに東京都八王子市)-で行われる。

 

2019年11月18日

ニュース:大嘗祭の「大饗の儀」

皇居・宮殿で「大饗の儀」

(2019.11.16、産経新聞)

 

天皇陛下が大嘗祭(だいじょうさい)の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」への参列者を招いてもてなされる饗宴(きょうえん)「大饗(だいきょう)の儀」が16日、皇居・宮殿「豊明殿(ほうめいでん)」で行われた。安倍晋三首相や三権の長ら約290人が参加。皇后さまと秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方も臨席された。陛下は正午ごろ、三種の神器のうち剣と璽(勾玉)をささげ持った侍従らと共に会場に入り「大嘗宮の儀を終え、皆さんをお招きし、大饗を催すことを誠にうれしく思います」とあいさつをされた。

 

豊明殿では天皇、皇后両陛下のお席の後ろの壁に、大正・昭和・平成の大饗の儀でも飾られた「錦軟障(にしきのぜじょう)」と呼ばれる長さ約9・3メートルの墨絵を配置。左右の壁には、大嘗宮の儀に米を納めた悠紀(ゆき)地方(栃木県)の那須連山や男体山、主基(すき)地方(京都府)の嵐山や天橋立などの四季の風景と、関連する和歌が描かれた屏風(びょうぶ)が立てられた。饗宴中は両地方の風俗舞も演じられた。参列者の献立は鯛のお造りと尾頭付きなど。朱塗りの「御台盤(おだいばん)」と呼ばれる両陛下の御膳には、参列者の献立に加えて蒸しアワビなどが並んだ。

 

☆★☆★☆

2回目の「大饗の儀」行われる「大嘗祭」の中心的儀式が終了

(2019年11月18日 NHK News Web)

 

天皇陛下が「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的な儀式、「大嘗宮の儀(だいじょうきゅうのぎ)」に参列した人たちを招いて催される饗宴「大饗の儀(だいきょうのぎ)」の2回目が18日、皇居 宮殿で行われました。「大饗の儀」は「大嘗祭」の中心的な儀式の1つで、宮殿の「豊明殿」で2回に分けて行われます。

 

2回目の18日は、地方自治体の代表や各界で功績を挙げた人などおよそ280人が参列し、天皇陛下は正午すぎに皇后さまと「豊明殿」に入られました。そして「この機会に、国民の幸せと国の一層の発展を祈ります」などと、おことばを述べられました。続いて、参列した人たちとともに栃木県と京都府の「斎田(さいでん)」で収穫された米で造られた「白酒(しろき)」と「黒酒(くろき)」と呼ばれる濁り酒を口にされました。このあと栃木県と京都府の特産品が披露され、収穫された米やお祝いの料理に箸がつけられたということです。舞台では、宮内庁の楽部によって「風俗舞(ふぞくまい)」と呼ばれる舞楽なども披露されました。

 

18日の「大饗の儀」で「大嘗祭」の中心的な儀式は終わり、天皇陛下は来月4日、皇居の宮中三殿で関係する儀式に臨むなどして、即位に伴うすべての儀式を終えられます。

2019年11月15日

ニュース:大嘗祭の「大嘗宮の儀」

「大嘗祭」厳かに…天皇陛下、大嘗宮で祈り

(2019/11/15、読売新聞)

 

天皇が一代に一度臨む伝統的な皇位継承儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が14日夕から15日未明にかけ、皇居・東御苑で行われた。1300年以上続く最も重要な即位に伴う皇室祭祀で、天皇陛下は神々に新穀を供えて五穀豊穣と国家の安寧を祈られた。陛下は東御苑に建設された大嘗宮で、14日午後6時40分頃から同9時15分頃まで東日本の新穀を供える「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」に臨まれた。儀式は秘事のため非公開で、宮内庁によると、陛下は悠紀斎田(さいでん)(水田)の栃木県で収穫された新米などで作った「神饌(しんせん)」を神に供え、自らも食された。皇后さまも帳(ちょう)殿(でん)で拝礼された。

 

儀式には、秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまら9人の皇族方のほか、安倍首相ら三権の長、国会議員、知事、各界の代表ら510人が参列した。陛下は15日午前0時半頃からは、西日本の主基(すき)斎田(京都府)の新米などを供える「主基殿供饌の儀」に臨まれた。425人が参列。儀式は午前3時半頃まで行われた。

 

大嘗祭は、稲作の収穫儀礼に根ざす儀式で、673年の天武天皇の時に一代一度の皇位継承儀式となり、室町から江戸時代まで約220年間の中断を挟み、受け継がれてきた。宗教的な色彩が強いため、憲法上の国事行為である「即位の礼」とは別に、皇室行事として行われた。政府は「公的性格がある」として宮廷費(国費)を支出。関連予算は、大嘗宮の建設費など計24億4300万円と見込む。

 

大嘗宮は、約90メートル四方の敷地に、木造建築など大小40近い建物で構成されている。21日~12月8日に一般公開した後、取り壊される。16、18日には、両陛下が大嘗祭の参列者らを招き、酒食を共にされる「大饗(だいきょう)の儀」が皇居・宮殿で行われる。

2019年11月10日

ニュース:天皇陛下の即位を祝うパレード挙行

両陛下を11万9千人が祝福 祝賀御列の儀

(2019.11.10、産経新聞)

 

天皇、皇后両陛下は10日午後、天皇陛下の即位に伴い、皇居・宮殿から赤坂御所をパレードする国事行為「祝賀御列(おんれつ)の儀」に臨まれた。約4・6キロのコース沿道には約11万9千人が集まり両陛下を祝福。両陛下は約30分のパレード中、絶えず手を振って応えられた。

 

両陛下のパレードは、平成5年6月のご結婚以来。午後3時前、陛下はえんび服姿に勲章、皇后さまは白のロングドレスにティアラと勲章を身に着け、皇居・宮殿前で、新調されたトヨタ・センチュリーのオープンカーにご乗車。新たに作曲された奉祝行進曲「令和」が宮内庁楽部により演奏される中、出発された。

 

パレードの車列は秋篠宮ご夫妻のお車のほか、安倍晋三首相、山本信一郎宮内庁長官らの車など約50台、約400メートルに及んだ。警視庁や国会議事堂正門前などを平均時速約10キロで進み、両陛下は左右の沿道で祝福する人々に笑顔で手を振るなどして応えられた。両陛下の車は午後3時半過ぎ、皇宮警察本部音楽隊の演奏に迎えられ、お住まいの赤坂御所に到着された。

 

パレードは「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿(せいでん)の儀」などと合わせて10月22日に行われる予定だったが、台風被害を考慮して延期されていた。5月の陛下のご即位から続いた国事行為「即位の礼」の一連の儀式は「祝賀御列の儀」で終了。両陛下は14、15日、皇室行事として、皇位継承に伴う重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」に臨まれる。

 

★☆★☆★

天皇陛下の即位祝う国民祭典開催

(2019年11月9日、NHK News Web、抜粋)

 

天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」が、9日、皇居前広場で開かれ、天皇皇后両陛下は、皇居の二重橋近くから、集まった人たちの祝意にこたえられました。「国民祭典」は、天皇陛下の即位を祝うため、超党派の議員連盟や、経済界などが参加する民間団体が開催しました。

 

第1部の「奉祝まつり」では、皇居近くで祝賀パレードが行われ、来年の東京オリンピックで活躍が期待される陸上の桐生祥秀選手や、フィギュアスケートの紀平梨花選手らによるテープカットのあと、秋田の「秋田竿燈まつり」や、沖縄の伝統舞踊エイサーなどの全国各地の郷土芸能が披露されました。

 

その後、第2部の「祝賀式典」が皇居前広場で開かれ、国会議員や各界の著名人、それに一般客の合わせておよそ3万人が参加しました。はじめに若い世代を代表して女優の芦田愛菜さんが、「天皇陛下のご即位にあたり心よりお祝い申し上げます。日本そして世界の平和に対する陛下のみ心(御心)に心を打たれました。古くから日本に伝わる文化を大切にしつつ新しい日本へと躍進していく時代になっていくことをせつに願っております」と述べました。

ーーーーーー
このあと、ピアニストの辻井伸行さんらの演奏で、人気アイドルグループ「嵐」が、即位を祝ってつくられた「奉祝曲」を披露しました。「Ray of Water」というこの曲は、水をめぐる問題に関心の高い天皇陛下を意識してつくられたということで、演奏の間には、皇后さまが涙をぬぐわれる場面もありました。

 

そして、天皇陛下が、おことばを述べられました。天皇陛下は、「即位から約半年、多くの方々から寄せられる気持ちをうれしく思いながら過ごしています。またこの間、さまざまな機会に国民の皆さんと直接接し、皆さんの幸せを願う思いを私たち二人で新たにしてきました」と述べられました。

 

そのうえで、台風19号などの大雨災害で被災した人たちなどへの気持ちをあらわし、「ここに改めて国民の幸せを祈ると共にわが国の一層の発展と世界の平和を願います。きょうは寒い中にもかかわらずこのように大勢の皆さんが集まり即位をお祝い頂くことに深く感謝いたします」と締めくくられました。おことばが終わると、会場では万歳三唱が行われ、集まった人たちが手にしたちょうちんを振って祝意をあらわすと、両陛下もにこやかな表情でちょうちんを振ってこたえられていました。

 

2019年10月22日

ニュース:「即位の礼」、即位を内外に宣言

天皇陛下、皇居で「即位礼当日賢所大前の儀」

(2019/10/22、読売新聞)

 

天皇陛下は22日午前、皇居・宮中三殿で、「即位礼正殿(せいでん)の儀」を行うことを報告する皇室行事「即位礼当日賢所大前(かしこどころおおまえ)の儀」に臨まれた。儀式は午前9時過ぎに始まり、陛下は神事服の「帛御袍(はくのごほう)」姿で回廊に姿を見せられた。皇位の証しである剣と璽(じ)(曲玉(まがたま))を持つ侍従を従えた陛下は、皇祖・天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る賢所の内陣に入って拝礼し、「御告文(おつげぶみ)」を大和言葉で読み上げられた。

 

続いて、皇室の祖先を祭る皇霊殿(こうれいでん)、八百万(やおよろず)の神を祭る神殿を順に巡り、同様に報告された。その後、皇后さまも白い伝統的な装束「五衣(いつつぎぬ)」「唐衣(からごろも)」「裳(も)」姿で賢所に入り、続いて皇霊殿、神殿を拝礼された。

 

———————————————————-

天皇陛下、即位を宣言=「象徴のつとめ果たす」

(2019年10月22日、時事通信)

 

天皇陛下の即位の礼の中心儀式「即位礼正殿の儀」が22日午後、皇居・宮殿「松の間」で国の儀式として行われた。陛下は高御座(たかみくら)に上って即位を国内外に宣言し、「憲法にのっとり、象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と述べられた。正殿の儀には安倍晋三首相ら三権の長、180余りの国、二つの国際機関からの賓客約400人を含め、国内外から約2000人が参列した。

 

午後1時すぎ、天皇専用の装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」を着た陛下が、皇位の証しとされる剣と璽(じ)などを持った侍従を従えて松の間に姿を見せ、後方の階段から高御座に登壇。続いて十二単(ひとえ)姿の皇后さまが御帳台(みちょうだい)に上った。打楽器の「鉦(しょう)」の合図で参列者が立ち上がり、侍従と女官の手によってとばりが開くと、天皇、皇后両陛下が姿を現した。高御座の「案(あん)」と呼ばれる台の上には剣と璽、国璽(国の印)、御璽(天皇の印)が置かれた。参列者が「鼓(こ)」の合図で礼をし、えんび服姿の首相が陛下の前に進んで一礼した後、陛下がお言葉を読み上げた。平成時の上皇さまのお言葉を踏襲しつつ「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら」などの文言を盛り込んだ。

 

続いて首相が「一同こぞって心からお慶(よろこ)び申し上げます」と即位を祝う寿詞(よごと)を述べ、後ろに下がって「ご即位を祝し、天皇陛下万歳」と発声。参列者も万歳三唱をした。とばりが閉じられた後、鉦の合図で参列者が着席。陛下に続き皇后さまが松の間から退出し、約30分で儀式は終わった。正殿の儀は、天皇を「象徴」と定めた現行憲法下では2度目。首相が陛下から約1.3メートル低い位置で万歳三唱をするなど、儀式の根幹部分は前例をほぼ踏襲した。

 

ーーーーーーーーーーーーー

皇居 宮殿で「饗宴の儀」

(2019年10月22日、NHK news web)

天皇陛下が皇后さまとともに祝宴に臨んで即位を披露し祝福を受けられる儀式、「饗宴(きょうえん)の儀」が22日、皇居 宮殿で行われました。天皇陛下はえんび服を着用し、「大勲位菊花章頸飾(だいくんいきっかしょうけいしょく)」という最高位の勲章などを身につけられています。また皇后さまはローブデコルテというロングドレスを着用し、上皇后さまから受け継いだティアラや勲章を身につけられています。そして午後7時20分すぎ、宮殿の「竹の間」に入られ、「饗宴の儀」が始まりました。

 

「饗宴の儀」は、国事行為として行われる「即位の礼」の儀式の1つで、合わせて4回行われることになっています。1回目の22日は「即位礼正殿の儀」に参列した180か国余りの元首や王族など、およそ400人が招待されました。
「竹の間」では、両陛下がおよそ1時間にわたって出席者から順番にあいさつを受けられました。あいさつを終えた出席者は「春秋(しゅんじゅう)の間」に移動し、食前の飲み物を手に秋篠宮ご夫妻など皇族方と和やかな雰囲気で歓談を行いました。ここでは上皇さまの即位を祝う前回の「饗宴の儀」でも演じられた「太平楽(たいへいらく)」という「舞楽(ぶがく)」の演目が宮内庁「楽部(がくぶ)」の職員によって披露されました。

 

また「即位礼正殿の儀」が行われた「松の間」では儀式で使われた「高御座(たかみくら)」と「御帳台(みちょうだい)」を出席者たちが見学する機会も設けられました。出席者たちは説明役の外務省の職員の話に耳を傾け、興味深そうにのぞき込んだり、「高御座」の前で記念撮影したりしていました。

 

このあと出席者は皇族方とともに食事会場の「豊明殿(ほうめいでん)」に移り、午後9時すぎ、両陛下が部屋の奥にあるメインテーブルの中央に着席されて食事が始まりました。食事は上皇さまの即位を祝った前回をほぼ踏襲した和食で、まつたけやくりなど秋の味覚も取り入れた合わせて9品が出されました。食事のあとは「春秋の間」に場所を移し、食後酒やコーヒーなどが出される中、和やかに歓談が行われました。このあと両陛下は出席者との別れのあいさつを交わされ、「饗宴の儀」は午後11時20分ごろ終了しました。両陛下は午後11時44分ごろ、車で皇居を出発してお住まいの赤坂御所に戻り、22日の全ての日程を終えられました。

2019年09月15日

ニュース:秋篠宮家の佳子さま、欧州ご訪問

佳子さま欧州2カ国へ出発 初の海外公式訪問

(2019.9.15、産経、一部抜粋)

 

秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは15日、日本との友好、外交関係開設150周年を迎えたオーストリアとハンガリーを公式訪問するため、羽田発の民間機で出発された。佳子さまの海外公式ご訪問は初めて。25日に帰国される。15日夜(現地時間)にドイツ経由でオーストリアの首都、ウィーンに到着し、16日にファンデアベレン大統領を表敬される。17日は友好150周年記念レセプションに臨席し、あいさつをされる。

 

――――

佳子さま、オーストリアで国交150周年記念行事に出席

(2019年9月18日、朝日新聞、一部抜粋)

 

オーストリアを公式訪問中の秋篠宮家の佳子さまは17、18の両日、ウィーンで日本とオーストリアの国交樹立150周年を記念する行事に出席された。17日の記念レセプションで、オーストリアの国会議員らを前に、両国の交流促進に敬意を表し、友好継続を願うおことばを述べられた。佳子さまは「長年にわたり、音楽を志す多くの日本人が、オーストリアで学んできた」などと芸術交流に言及。今回、ウィーン少年合唱団やウィーン大学、日本人学校などを訪ねており、「日本とオーストリアの絆を大事に考える方々とお話しできたのは、本当にうれしいことだった」と述べられた。18日には、世界遺産のシェーンブルン宮殿を訪れ、ガイドの案内で宮殿内を回った。敷地内の庭園群の一角にある日本庭園の改修お披露目式に出席された。

 

―――――

佳子さま、ハンガリー大統領を表敬訪問

(2019年09月20日、時事ドットコム、一部抜粋)

オーストリアへの公式訪問を終え、ハンガリーに移動した秋篠宮家の次女佳子さまは20日、首都ブダペストの大統領府を訪れ、同国のアーデル大統領を表敬訪問された。オーストリアと同じくハンガリーも今年は日本との国交樹立150周年で、佳子さまは21日に開かれる記念夕食会に出席する。

 

佳子さまが訪問されたオーストリアとハンガリーはどういう国でしょうか?

オーストリア

ハンガリー

2019年08月16日

ニュース:悠仁さま、ブータンご訪問へ

悠仁さま、初の海外旅行…秋篠宮ご夫妻とブータンへ

(2019年8月16日、読売新聞)

 

秋篠宮ご夫妻と長男でお茶の水女子大付属中1年の悠仁さま(12)は16日午前、ブータンを私的に訪問するため、民間機で東京・羽田を出発された。悠仁さまの海外旅行は初めて。危機管理上の理由で、皇位継承順位1位の秋篠宮さまと2位の悠仁さまは別便を利用。この日は午前11時過ぎ、同妃紀子さまと悠仁さまが経由地のタイに向けて出発し、約10分遅れて秋篠宮さまが別の便で出国された。

 

ご一家は滞在中、首都ティンプーでブータン国王らと交流するほか、寺院や伝統的な弓技などを見学される。宮内庁幹部によると、ご夫妻は、将来皇室の国際親善を担う悠仁さまが外国の文化や歴史に触れることで、海外と日本を比較する視点を持たれることを期待されているという。ご一家は25日に帰国される。

 

ブータンってどんな国でしょうか?、南アジアの小国と言われていますが、日本の皇室とは深いつながりがあるようです。

 

2019年08月15日

ニュース:令和初の終戦記念日

戦没者追悼式、天皇陛下「深い反省」を踏襲 令和最初 

(2019/8/15、日経、一部抜粋)

 

74回目の「終戦の日」を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京・千代田)で開かれた。天皇陛下が皇后さまとともに即位後初めて出席し「世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」とお言葉を述べられた。過去への「深い反省」など上皇さまの表現をほぼ踏襲し、戦後生まれの象徴として戦没者を追悼された。午前11時50分すぎに始まった式典には三権の長や各都道府県から招かれた遺族代表ら約6千200人が参列した。台風10号の影響による欠席が相次いだという。追悼の対象は先の大戦で犠牲になった軍人・軍属230万人と民間人80万人の計310万人。

 

この後、参列者は正午から1分間の黙とう。陛下が白木の標柱の前に進み「さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします」とゆっくりとした口調で述べられた。お言葉の中で、陛下は戦後から築き上げられた「人々のたゆみない努力」と「苦難に満ちた国民の歩み」に触れたうえで、先の大戦に対する「深い反省」にも言及された。ほとんどの文言、表現は平成期に上皇さまが述べられた内容を踏まえており、象徴として不戦を誓い、平和を希求する路線を継承している。

 

日本の総人口に占める戦後生まれの割合は8割を超え、戦没者遺族の世代交代も進んでいる。厚生労働省によると、戦没者追悼式に参列予定の遺族は5391人。このうち、昭和に過半を占めた「戦没者の妻」は5人まで減り、父母は2010年の式典を最後に、参列が途絶えている。一方で、戦没者の子供が51%と半数を上回り、戦後生まれの遺族の割合は初めて3割を超えた。世代交代により戦争の記憶が遠ざかるなか、次世代へどう引き継いでいくかが課題となっている。

 

◇   ◇

天皇陛下おことば全文

 

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。終戦以来74年、人々のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります。戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

 

◇   ◇

「若い世代に教訓を」、千鳥ケ淵墓苑で平和祈る 

(2019/8/15、日経、一部抜粋)

身元不明の軍人や民間人ら戦没者の遺骨が安置されている千鳥ケ淵戦没者墓苑(東京・千代田)には15日朝から、多くの遺族らが足を運んだ。汗をぬぐいながら献花台に花を手向けて焼香し、静かに手を合わせて平和を祈っていた。

1 2 3