奈良時代

奈良時代(710~794)

 

  • 律令国家

中央・・・二官八省:神祇官、太政官、各省(8つ) 、太政大臣、左大臣、右大臣

地方・・・国司 ― 郡司 ― 里長(さとおさ,りちょう)

 

制度上の最高位は太政大臣(常設でない。)通常は、左右大臣の下で、三位以上の貴族(公卿)の中で「太政官会議」が国政を司った。

国司は国(中央)から任命。 郡司、里長はその地方の有力豪族から任命。

 

 

国家財政

律令国家の財政基盤である租・庸・調制度

租 ・・ 米  ⇒ 地方の税収

庸 ・・ 布を織って納める ⇒ 国家の税収

調 ・・ その地方の特産物を納める ⇒ 国家の税収

雑徭 ・・ 地方での労働・奉仕(土木工事) ― 国司が命令

出挙 ・・ 春に稲を貸し付け、秋に利息を加えて徴収する。

兵役 ・・ 武器、馬、餌代など全部自己負担、九州―防人

 

農民の負担多大。

戸籍を偽る,又は逃亡 ⇒ 荒地増伽(税収減)⇒ 三世一身の法 ⇒ 墾田永年私財法

 

三世一身の法 (723): 3代にわたってその土地はその家のもの。

 

墾田永年私財法(743): 聖武天皇。荒地を耕せば土地所有,売り買い自由。

 

公地公民制 ⇒ 荘園制

(広い意味で私有地,狭い意味で調査官の立入を拒否できた土地。)

 

自墾地系荘園(初期) ⇒ 寄進地系荘園(10C本格化)

(登記,名義通り)戸籍に従って税を払わなければならない。

免税(減税)特権を持った天皇家,藤原氏などの有力貴族,寺社など有力者へ土地が集中。

 

 

  • 天皇親政(天智~称徳)

 

持統天皇(686~697)

高市皇子

藤原不比等 (鎌足の子)(659~720)

 

710年、元明天皇、平城京遷都

 

長屋王(高市皇子の子)

729 長屋王の変

藤原四家(武智麻呂、房前、宇合、麻呂)(737死)

 

聖武天皇 (724~749)

鎮護国家の思想 → 国家仏教 →朝廷による大寺院保護→奈良仏教(南都六宗)の勢力大

 

742年、国分寺建立の詔。国分寺・・鎮護国家の目的で諸国に建てられた寺院。

743年、大仏建立の詔。

752年、大仏開眼。

759年、東大寺 全国の総本山、配下に国分寺、国分尼寺。

 

橘諸兄(もろえ)

藤原広嗣(宇合の長男)の乱 (740)

 

藤原仲麻呂(武智麻呂の次男)

仲麻呂、恵美押勝の名をもらう

淳仁天皇(758~764)

 

称徳天皇(考謙上皇)

道鏡    恵美押勝の乱(764)(儒教)

 

和気清麻呂、宇佐八幡宮神 託事件(769)

 

 

天平文化:東大寺、唐招提寺、正倉院