鎌倉時代

鎌倉時代 (1192~1333)

 

1181年 侍所を設置

1184年 問注所を設置

1185年 壇ノ浦の戦いで平氏滅亡。

1185年 守護、地頭の設置権を得る。

1189年 奥州藤原氏、滅亡。陸奥・出羽両国、幕府の支配下に入り、鎌倉幕府の知行国に。

1192年 源頼朝、鎌倉幕府設立

1203年 北条時政、執権に就任

1219年 3代将軍源実朝が暗殺、源氏直系の将軍が断絶

1221年 承久の乱

1232年 御成敗式目を制定

1274年 元寇 (1274文永の役、1281弘安の役)

 

 

(1) 幕府の機構と特徴

 

1192年 源頼朝、鎌倉幕府設立

征夷大将軍に任命(後白河上皇の死後、後鳥羽天皇より)。頼朝以後武家政権の首長の職名。名実ともに武士の統轄者、武家政治の創始者となる。

 

 

[中央]    将軍―(執権)    侍所(後家人の統制)

公文所 (政務や財政、後に政所)、

問注所(裁判)

 

[地方]    守護: 軍事、治安、警察

地頭: 荘園の管理

 

京都守護(1185)・・京都の治安維持と朝幕間の連絡・交渉が主要任務。

承久の乱後、六波羅探題へ移行。

 

  • 将軍と御家人: 御恩と御奉公の関係

 

幕府: 全国の御家人を国衙領や荘園の守護や地頭に任命し、その支配を確認・保障する本領安堵を行ったが、この御恩に対して、御家人は軍役の義務を負った。

 

武家社会:一族の者は惣領(本家の嫡子)のもとに団結。惣領が一門を統率。所領安堵も惣領を中心に行われる。

 

  • 当初は朝廷と幕府の二重支配。朝廷の中心は京都。律令制度は生きている。

国司の任命権は朝廷が握る。

 

 

地頭の荘園侵略(13C半ばから)

  • 「地頭請け」・・荘園の年貢を完全に地頭が請け負うこと。荘園領主と予め年貢の額を決め、それ以上徴収できればその分は地頭のものとした。
  • 「下地中分」・・荘園領主は荘園の土地(下地)を2分して一方を地頭に与え、残りの支配権を保持し、互いに干渉、侵略しないこととした。

 

(2)執権政治

源頼朝(1)

初代執権(1203)、北条時政(北条政子の父)   頼家

実朝

 

梶原景時、比企能員、畠山重忠その他

 

本格的な執権政治

1219年3代将軍源実朝が死に源氏直系の将軍が断絶した後。

 

2代執権、義時・・執権の地位を確立(政子の兄)→ 承久の乱

 

3代執権、泰時、御成敗式目、連署を設置。

5代執権、時頼、得宗制開始(北条独裁へ)

 

8代執権、時宗 → 元寇

 

14代執権  高時・・鎌倉幕府事実上最後の執権

 

 

1221年、承久の乱

源家将軍、朝廷との協調を重視。幕府と朝廷の二重支配。

実朝暗殺後、北条氏が幕府の実権を掌握、勢力拡大、朝廷対立。

 

後鳥羽上皇の幕府打倒の兵乱。「義時追討の令」

 

幕府                              朝廷

北条義時                                  後鳥羽上皇

幕府軍(19万)           朝廷方(1万)

 

 

  • 3人の上皇を流罪。仲恭(ちゅうきょう)天皇を廃位。
  • 六波羅探題を設置。朝廷の監視と西国の統括。
  • 上皇方についた貴族や武士の所領を没収し新たに地頭を置く。

 

執権政治の全盛時代 (合議制)

西国にも幕府の影響が強く及ぶ。 摂家将軍を招聘

 

北条泰時(3代)

1224年、連署(執権の補佐役)設置。

評定衆(裁判その他一般の政務を合議する職)を設置。11~15名。

 

  1. 引付衆(時頼、1249)裁判の円滑公平を目的に設置。

 

1232年、御成敗式目を制定。武家法として最初の体系的法典。

 

源頼朝以来の慣習法・先例をもとに作成。守護や地頭の権限を明確にし、裁判の公平を期すために制定。この式目は、道理と呼ばれた武家社会の慣習や道徳(質素倹約)、あるいは頼朝以来の幕府の先例を成文化したもので、武家のみに適用された。

 

 

 

(3) 元寇 (1274文永の役、1281弘安の役)

 

執権北条時宗の時。  鎌倉幕府は元の属国となることを拒み、2度の元寇を体験した。

 

元寇後

  • 幕府、貧のドン底に → 幕府の財政負担大

 

異国警固番役 (御家人担当) 、石塁を築く

鎮西探題(1293)、元軍の再来襲に備えた九州の統治機関(博多)

 

  • 御家人の不満

恩賞なし(出せない)

永仁の徳政令(1297) ・・・ 商工民と武士との対立

貨幣経済が浸透した結果、所領を手放す御家人が急増した。御家人の借財救済を目的とする徳政令はかえって御家人への金融の道を閉ざす結果となり、御家人の窮乏化は止まらず。

 

  • 得宗の専制政治

 

北条得宗家(北条氏の嫡流で家督を継ぐもの)の権力が強化、幕府の実権を掌握。

御内人(得宗家の家来)が重要な地位を占める。

従来の御家人の合議を基礎とする執権政治

御内人は本来の御家人と対立激化。造反する御家人が増加。中小御家人は没落。

 

 

(4)鎌倉幕府の滅亡

 

  • 有力武士の成長

得宗政治の下での造反する御家人。庶子の家が惣領から自立。

 

守護などの有力武士の保護を求める。(地縁的結合)庶子を守護が統率。中小武士団を結集。自家の勢力を拡大(足利家、島津家、大内家)幕府を軽んじる。(室町時代の守護領国制へ)

(幕府の対抗手段。得宗の専制強化)

 

  • 商工民の出現。

鎌倉時代前期

惣領制で安定:古代以来の農業共同体。武士が荘園に拠って独立した勢力を形成。上に荘園領主を立てることで平和共存。武士:先祖以来の領地に土着し館を構える。直営地を設ける。荘園から年貢を徴収して領主におさめ、自分は加徴米などの一定の取り分を得る。一族の子弟に所領を分け与える分割相続がとられていた。

 

 

商工業の発展

鎌倉時代=目覚しい農業の発達(二毛作、商品作物) → 商工民の出現

農民の副業に、荏胡麻(えごま)の栽培や、絹布、麻布づくりが盛ん。

これを商う → 貨幣経済の進展。

(日宋貿易は、鎌倉時代になっても続き、大量の宋銭が輸入され、市場に流通した。)

 

天皇家、貴族、寺社のもとに座を結成し、幕府支配の外で活動。

(座:商工業者の同業組合、公家、寺社の保護を受け、関銭免除・販売独占権を持つ。)

地頭が治める土地(荘園) ⇔ 地頭と対立する武士や有力な商工民

 

(悪党:畿内周辺で見られた荘園領主に反抗する地頭や新興の武士、その他、秩序を乱す者。すべての呼称。)

鎌倉時代後期の幕府支配の後退によって、国内は悪党の活躍が目立つ無秩序に近い情況に向かう。悪党の中には、商工民の座を通じて朝廷と強い信頼関係をもつ者もいた。(楠木正成)