ロシア

ロシアの歴史

 

🔹スラブ民族の起源は?

東欧北部に定着したノルマン人は、現地のスラブ人と混血してロシア人の祖先となりました。スラブ人は、インド・ヨーロッパ語族の一派で、東ヨーロッパからロシアにかけて居住したスラブ系言語を母語とする民族です。ロシア人・ウクライナ人などの東スラブ、ポーランド人・チェコ人・スロバキア人などの西スラブ、セルビア人・クロアチア人・スロベニア人・ブルガリア人などの南スラブと、3つのグループに分類されます。

 

民族の大移動に影響されてゲルマン人が去ったあとの地域に広がっていたスラブ人は、7世紀前半に西スラブのなかから最初のスラブ人国家を誕生させ、9世紀前半にはチェック人の大モラビア帝国が建設されました。西スラブは、その後、神聖ローマ帝国の支配を受けた王国が林立し、ベーメン王国、リトアニア・ポーランド王国などが誕生しています。

 

東スラブは、9世紀にキエフ公国が成立し、ウラジミール1世のときにギリシャ正教を国教に定めました。しかし、諸公国の自立や農民の農奴化が進むなかで分裂し、13世紀半ばにモンゴルに服することになります。東スラブが統一されたのは、モスクワ公国のイワン3世のときでした。バルカン半島に進出した南スラブは、ビザンツ帝国に服属してギリシャ正教を受け入れ、12世紀後半に独立を果たします。しかし、オスマン帝国の侵出に敗北し、その支配下に入りました。

 

一口にスラブ民族といっても、実に複雑・多岐ですが、彼らはキリスト教を受け入れたことでヨーロッパ文明の重要な担い手となりました。しかし、多数の民族が一定の地域に住んだり、逆に同じ民族が国境で引き裂かれたりしたため、現在に至るまで民族紛争が問題になっています。

(「手にとるように世界史がわかる本」より抜粋)