八坂神社

八坂神社は京都の東山にあり、日本全国に約2300社あるといわれる素戔嗚尊(スサノヲノミコト)を御祭神とする神社の総本社です。八坂神社は、素戔鳴尊(スサノオノミコト)、櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)、八柱御子神(ヤハシラノミコカミ)を祀っています。古事記や日本書紀でも伝えられ、日本神話で知られるように、素戔鳴尊は八俣大蛇(ヤマタノオロチ)を退治し、櫛稲田姫命を救って地上に幸いをもたらした神様として有名です。

 

八坂神社の歴史は、平安京建都の約150年前、斉明天皇二年(656)に、素戔鳴尊をこの地に祀ったことにはじまります。のちに「神仏習合思想」により素戔鳴尊は、祇園精舎の守護神の牛頭天王と一体視されました。都の発展とともに日本各地から広く崇敬を集め、現在も約3,000の分社が日本全国にあり、祇園祭りに習った祭事も行われています。八坂神社はながらく「祇園社」、「祇園感神院」などと呼ばれていましたが、神仏分離によって、明治4年(1871)に「八坂神社」と改称されました。

 

祇園祭りは、平安時代から1100年の伝統を有する八坂神社の祭礼です。