七福神

庶民に暮らしに幸運をもたらす七柱の福の神で、日本において民間信仰として、室町時代末期から広がったとされています。このうち日本の神は恵比寿様だけで、恵比寿天以外は、インドと中国の神仏です。

 

恵比寿:日本(神道)
大黒天;インド(ヒンドゥー教)
毘沙門天:インド(ヒンドゥー教)
弁財天:インド(ヒンドゥー教)
布袋(ほてい):中国(仏教)
福禄寿:中国(道教)
寿老人:中国(道教)

 

 

恵比寿(天)

 

恵比寿様と言えば、左手に鯛、右手に釣竿を持つ漁業・商売繁盛の神様として親しまれています。恵比寿天の信仰は、記紀(古事記と日本書記)神話における蛭子(ひるこ)神への信仰から始まりました(ですから、恵比寿は「夷」「戎」「蛭子」とも表記される)

 

蛭子神は、国造りの神、伊弊諾尊(いざなぎのみこと)、伊弊舟尊(いざなみのみこと)の間に生まれた子供なのですが、3歳になっても自分で立つことができなかったため葦の船に乗せて海に流されたと書かれています。蛭子が漂着した場所が現在の西宮(兵庫県)で、そこの浜の漁民に祭られ信仰が始まりました(現在でも西宮神社の祭神は、蛭子神=恵比寿天である)。以来、日本の漁村では、海からの漂着物を、福をもたらす遠方から来た神様(夷様=恵比寿様)とみて祭る習俗が広まったとされています。

 

この恵比寿天と、日本の記紀にでてくる事代主神様が同一の神様とされています。事代主神は、もともと海の果ての常世国に住む神とみられていました。実際、古事記における国譲り神話において、国譲りに応じた後、海の果てに奥方の神とともに去っています。ここに、海から来て事代主神と、高天原から流れてきた蛭子=戎=恵比寿が重なりあったものと推察されます。恵比寿信仰が西宮神社を中心に各地に広がると、同じような性格をもつ事代主神も恵比寿様であるとみなされるようになったのかもしれません。

 

 

大黒天

 

大黒天は、もともと「偉大な黒」を意味するインドの「マハーカーラ」という、暗黒をつかさどるヒンズー教の神様(シバ神)でした。日本では、このインドのシバ神に、出雲の大国主神が習合して、現在の大黒様(天)となり、大地を掌握する農業神、または財宝・福徳開運をもたらす神として信仰されるようになりました(一説には、ヒンズー教の神様を日本に持ち込んだのはあの最澄だとか)。確かに、現在、大黒様は、頭に頭巾を被り、左肩に袋、右手に福槌を持ち、米俵に座す姿で知られていますね。

 

そして、恵比寿=事代主神と同様に、大黒天=大国主神とみなされるようになりました。ではどうして、大国主神と大黒天とつながったのかと言えば、古代中国の神話と関係がありそうです。古代の中国では、家鼠を霊獣(神獣)とする鼠の信仰があり、ネズミを大黒天の使者とする考えがあるとされています。

 

「古事記」の中にも、鼠が大国主命を救う話があります。大国主命の父とされる素妻鳴尊(スサノオ)が大国主命に試練を与えるために、大国主命を広い野原に行かせてそこの草に火を放ちました。すると火はたちまち燃え広がり、大国主命は逃げ場を失い窮地に立たされます。しかし、この時一匹の鼠が現われて、「この下に穴がある」と教えたことから、大国主命は、火がおさまるまで穴の底に身を伏せて難を逃れることができました。

 

中国から霊(神)獣としての鼠の信仰が日本に伝わった時に、大国主神と、大黒天の使者である鼠が結びついたと考えられます。また、大国主神は国つ神として、日本の国土を守る神様として信仰されてきました。万能の力をもつ大黒天に対する信仰が、インド、中国から日本に入ってきたあとに、大黒天が大国主神に結びつけられることになったのでしょう。

 

そして、戦国時代には、記紀の世界では親子である大黒天と恵比寿天を、特別に御利益のある身近な福の神だとする考えて同時に祭る習俗が、特に商工民の間で、京都から各地に広がったそうです。

 

続く