葵祭

 

葵祭

 

賀茂祭(通称 葵祭)は、京都の上賀茂神社と下鴨神社の祭事がです。欽明天皇の時代、国家の安泰や国民の安寧、五穀豊穣を祈るために開催されたのが始まりとされています。伝承によると、567年、国内は風雨によって五穀が実らなかったのは、賀茂の神々の祟りであることが占いに判明しました。そこで、祭礼を行い、馬の駆競(かけくらべ)をしたところ、風雨はおさまり、五穀は豊かに実って国民に安泰がもたらされました。

 

806年には、葵祭(賀茂祭)が勅祭となり、天皇により勅使が遣わされ祭祀・奉幣されるようになりました。810年には、前述したように「斎院(斎王)」も置かれるなど、祭りは、朝廷の恒例祭祀に準じて行われる律令制度下の国家的行事になったのでした。

 

葵祭(賀茂祭)は、応仁の乱(1467~77)以降、江戸時代の1693年まで約200年間途絶えていましたが、徳川綱吉の時代に再興されました(1694年)。実は、葵祭りは当初は賀茂祭と言っていましたが、この頃より、葵祭と呼ばれ始めます。祭りの当日、「内裏宸殿の御簾をはじめ、牛車(御所車)、勅使、供奉者の衣冠、牛馬にいたるまで、すべて葵の葉で飾るようになった」からだそうです。

 

その後、明治維新(1871~1883年)や太平洋戦争から戦後(1943~1952年)の混乱期にも、中断や行列の中止がありましたが、現在も、平安時代の王朝風俗の伝統は継承されています。斎院(斎王)の制度は鎌倉時代に廃止されましたが、現在の葵祭において、昭和31年(1956年)以降は、一般市民から選ばれた未婚女性が「斎王代」として祭りが行われています。

 

葵祭は、祇園祭、時代祭とともに、京都三代祭の1つであるだけでなく、日本三代勅祭「春日祭、岩清水祭(南祭)、葵祭(北祭)」の1つともなっています。

 

 

<参考>

葵祭りをさらに理解するためには、御蔭祭を知らなければなりません。

 

御蔭祭

 

御蔭祭は、下鴨神社の境外摂社である御影神社の祭礼で、日本最古の祭儀式とも言われています。かつて「御生神事(みあれしんじ)」と呼ばれた祭礼は、下鴨神社と上賀茂神社の「葵祭(賀茂祭)」に先だって、御影神社から神霊を本宮の賀茂御祖神社(下鴨神社)へ迎える神事です。

 

午前中、本宮の「下鴨神社」で、行列を整えて進発し、「御蔭神社」に向かいます。行粧が御蔭神社に到着すると、社前において、「荒御魂」の「御神霊」は榊の御生木に宿り、「神霊櫃」(しんれいびつ)という小箱に納められて、「御蔭神社」を出発し、山道を下ります。途中、摂社の「赤の宮神社」にて路次祭(道中での祭り)が行われ、舞楽が奉納されます。また、下鴨神社の境内に入ってくると、同じく境内摂社である「河合神社」で、御神霊は神馬に遷されます。ここでも参道では優雅な舞で知られる「切芝神事」が執り行なわれます。その後、御神霊を本宮に遷御する本宮の儀が行われます。

 

こうして、御蔭神社の「荒御魂」は「下鴨神社」の「和魂(にぎみたま)」と合体することで再生し、5月15日の葵祭本祭を迎えます。御蔭神社の御蔭祭は、「葵祭」に先立ち、本殿のご神体に神威を込めるための重要な祭儀といえます。