2020年01月07日

ニュース:与党も野党も伊勢神宮参拝

政治は伊勢神宮参拝から始まる!?

 

立民・枝野代表が伊勢参拝 昨年は党内外から批判が殺到

(2020.1.4、産経)

立憲民主党の枝野幸男代表が4日、伊勢神宮(三重県伊勢市)を参拝した。昨年1月に参拝した際は党内外から「支持層に背中を向ける行為」などと批判が殺到していた。5日は出雲大社(島根県出雲市)を参拝する予定だ。

 

 

立憲・枝野氏と国民・玉木氏が伊勢神宮に 合流近づくも参拝は別々

(2020年1月4日、中日新聞、一部抜粋)

立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表が四日、それぞれ伊勢市の伊勢神宮を参拝し、記者会見した。両党の合流に向け、二人は近く党首会談をすると表明したものの、参拝は別々だった。県議は立民側に二人が同行しただけで、旧民進系県議らは「どちらかの党にだけついて行くわけにはいかない」と早期の合流を求めた。

 

午前に参拝した枝野氏には、県選出の中川正春衆院議員、芝博一参院議員らが同行。参拝後の会見で枝野氏は両党幹事長が年末に進めた合流協議について「大変難しいさまざまなハードルを乗り越えて大きく前進した」と評価した。玉木氏は午後に古川元久代表代行と参拝。玉木氏も会見で合流に前向きな姿勢を示す一方、党名や人事など協議することは多いとし「(立民への)吸収合併はあり得ない。新党をつくっていく」と強調した。

 

★☆★☆

安倍首相 伊勢神宮に参拝

(2020年1月6日、NHK、一部抜粋)

安倍総理大臣は年頭にあたって6日午後、三重県伊勢市の伊勢神宮を訪れ、萩生田文部科学大臣や加藤厚生労働大臣ら10人の閣僚とともに外宮、内宮の順に参拝しました。

 

 

安倍総理が伊勢神宮参拝 年頭会見で「憲法改正を私自身の手で成し遂げていく」と語る

(2020年1月6日、日テレニュース、一部抜粋)

安倍総理大臣は6日、伊勢神宮を参拝し、その後の年頭記者会見で「憲法改正を私の手で成し遂げたい」と意欲を示しました。総理としての参拝は、第2次安倍政権発足以降、8年連続です。参拝後の記者会見では、今年を「新時代を切り開く1年とする」と決意を述べました。また、憲法改正について、安倍総理は、「国会議員として、憲法改正に対する国民的意識の高まりに対して、無視することはできないと思う。憲法改正を私自身の手で成し遂げていくという考えに全く揺らぎはない」などと語りました。