2019年05月30日

外交:国賓待遇とは? 賓客にもいろいろある!

トランプ米大統領は、令和の時代、初の国賓として訪日し、過剰とも一部で批判された「おもてなし」を受けました。そもそも国賓とそうでない賓客とは日本での「待遇」はどう違うのでしょうか?政府が海外から招く賓客は、厚遇される順に「国賓」、「公賓」、「公式実務訪問賓客」、「実務訪問賓客」、「外務省賓客」の5つに分類されます。

 

国賓

国賓とは、宮内庁によれば、「政府が儀礼を尽くして公式に接遇し、皇室の接遇にあずかる外国元首やこれに準ずる者」を指すとしています。対象は「外国元首」ですので、国王・大統領・国家主席などが該当します(米トランプ氏は、大統領であり外国元首)。誰を招へいするかは、閣議において決定されます。

 

「接遇」とは「おもてなし」を意味します。「政府による接遇」は、今回のトランプ大統領の来日には「強固な日米同盟を世界にアピールする」という政治的な目的があったように、政治色を伴います。これに対して、「皇室による接遇」は、天皇が憲法に列記された国事行為ではなく、相手国との友好を増進して親善を深めることを目的に、公的行為として国賓をもてなします。具体的には、今回トランプ訪日でも行われたように、ご会見、宮中晩さん会、宿泊先でのお見送り(ご訪問)などが、これに該当します。その際、政府による接遇とは異なり、皇室の接遇は、政治的な色は出さず、相手の国が大きくても小さくても、利害関係がどうでも、平等で差をつけません。

 

公賓

国賓に次ぐ公賓ですが、国賓との違いは公的な地位の違いのみです。公賓の対象は、皇太子など外国の王族、あるいは副大統領や首相など行政府の首脳となります。接遇に関しては、宿泊先は、原則ともに迎賓館で、歓迎式典もあり、儀仗隊の栄誉礼や国歌演奏なども行われます。天皇との会見も両者とも行われますが、国賓の場合は天皇皇后両陛下が会見されますが、公賓の場合、配偶者が同伴の場合のみ皇后様も同席されるという違いはあります。また、国賓は夜の宮中晩餐会がありますが、公賓は昼食会(午餐)になります。

 

国賓と公賓は儀礼的な色合いが濃いのが特徴で、それ以外の賓客は、実務色が濃いという共通の特徴があります。

 

公式実務訪問賓客

公式実務訪問賓客とは,宮内庁によれば、「外国の元首,王族,行政府の長あるいはこれに準ずる者が実務を主たる目的として訪日することを希望する場合,賓客の地位,訪問目的に照らして政府が公式に接遇し,皇室の接遇にもあずかる賓客」です。国賓、公賓対象者で実務的用件での来日の場合に、公式実務訪問賓客となります。その招へい・接遇は閣議了解を経て決定されます。

 

公式実務訪問賓客の制度は、海外から日本への訪問が増え、国賓として歓迎するために必要な日程の確保や、日本側が負担する予算面での制約を受けて、生まれた仕組みと説明されています。このため接遇(おもてなし)は、国賓や公賓より簡素になります。公式実務訪問賓客の場合、天皇陛下との会見はありますが、歓迎式典はなく、これまで昼食会(午餐)は開かれていましたが、2016年5月から中止されています。宿泊先は迎賓館ではなく、厳重な警備下でホテルでの宿泊となります。トランプ大統領が2017年11月に日米首脳会談のために来日した際には、「公式実務訪問賓客」の扱いでした。

 

ちなみに、戦後、1974年のフォード以来、歴代のアメリカ大統領は、日本へ公式訪問していますが、第43代、ブッシュ(子)大統領以外はすべて国賓として来日しています(トランプ大統領で7人目)。ブッシュ大統領の場合、当時「テロとの戦い」のさなかのアジア歴訪中だったこともあり、日程を十分確保できなかったので、国賓ではなく公式実務訪問賓客として来日しました。その際には、現在の上皇陛下が会見されています。

 

実務訪問賓客

公式実務訪問賓客の次の実務訪問賓客は、国賓と公賓の違いと同様に、公的な地位の違いのみで、対象者は外国の首相、王族などがこれに相当します。

 

外務省賓客

閣僚、主要国際機関の長などが対象で、歓迎式典や天皇との会見、さらには宮中晩餐会・午餐会もありません。

 

*「令和初トランプ大統領を国賓としておもてなし」(くらし☆解説)NHK解説委員、ウィキペディア、新聞報道などよりまとめました。