2017年07月19日

トランプ氏公約頓挫 オバマケア改廃絶望的

トランプ氏公約頓挫 オバマケア改廃絶望的
(日テレNEWS24、2017年7月19日)

 

アメリカ・トランプ大統領の目玉公約が頓挫した。医療保険制度改革、いわゆる「オバマケア」を廃止して別の制度に変える法案について、上院の与党議員の反対が根強く、撤回に追い込まれた。まもなく発足から半年を迎えるトランプ政権だが、ロシア疑惑の深まりもあり、もはや挽回は困難と思えるほど危機的な状況に陥っている。オバマケアを廃止して別の制度に変える法案は、5月に下院で可決した後、舞台を上院に移し、与党・共和党が修正を重ねてきたが、反対議員を説得できず、可決は絶望的となった。

 

トランプ大統領「非常に失望している。オバマケアは大失敗で、別の案が必要だ。我々が望むほど早くはないかもしれないが、実現させる」トランプ大統領側は、新たな制度は後回しにして、せめてオバマケアの廃止だけでも先にと考えているが、すでに党内から反対の声があがっていて、打つ手がない状況。

 

そのため、目先を変えようと、別の目玉公約の実現に向けた意気込みをアピールした。トランプ大統領「インフラ整備や税制改革などで勝利する。『イスラム国』を打倒する」ただ、トランプ大統領が「史上最大」と意気込む大型減税の財源は、オバマケアの見直しで生み出す方針だった。今後、目玉公約がバタバタと撤回や修正に追い込まれる可能性もある。