2016年09月26日

ニュース:ビットコインで電気代支払い 公共料金で初

ビットコインで電気代支払い 公共料金で初  レジュプレス、新電力と提携
(2016/9/26 日本経済新聞)

 

仮想通貨の取引所「コインチェック」を運営するレジュプレス(東京・渋谷)は4月の電力小売り自由化で参入した新電力事業者と組み、ビットコインで電気代を払えるサービスを年内に始める。銀行もコンビニも円も使わない、ビットコインによる国内初の公共料金収納サービスとなる。レジュプレスは26日にLPガス販売などを手掛ける三ツ輪産業(東京・港)との提携を発表。三ツ輪の電力小売り子会社イーネットワークシステムズ(東京・港)の電気代について11月から契約を受け付ける。

 

電気代は契約者がコインチェックに設けたビットコイン口座から毎月自動で引き落とす。レジュプレスは円に換算してイーネットワークシステムズに支払う。コインチェックを利用する約3万人のビットコイン保有者の契約を見込む。イーネットワークシステムズは電力大手の料金より4~6%安く電気を販売している。電気代の支払いでビットコインを還元するサービスも始める。支払い方法や代金は現在と同じだが、支払額に応じて4~6%をビットコインで還元する。新規利用者の拡大を狙う。