世界の中の日本

  • マップ
  • マップ
北アメリカ 南アメリカ 国連 ヨーロッパ アフリカ 中東 アジア 日本 オセアニア
2020年01月10日

ニュース:英ハリー王子、王族やめる!?

ハリー王子夫妻、王室主要メンバー退く意向 公務は継続

(2020年1月9日、朝日新聞)

 

英国のハリー(ヘンリー)王子(35)とメーガン妃(38)は8日、英王室の「主要メンバー」の立場を退き、財政的な自立をめざすという声明を出した。メーガン妃が以前住んでいた北米で過ごす時間を増やすが、公務は続けるという。夫妻はメディアから過度に注目され、いらだちを強めていたとされる。

 

夫妻は公式インスタグラム「何カ月も検討した結果、今年は新たな役割を開拓し始めることにした」と投稿。「王室の『主要な』メンバーとしては身を引き、財政的な自立に努める」とした。「女王や英連邦に対する公務や(慈善事業などの)後援は引き続き果たしながら、英国と北米で過ごす時間のバランスをとることを計画している」とも表明し、英国から離れる時間が増えることで「新たな慈善事業の立ち上げを含む次の活動に集中する余裕ができる」とした。詳細は今後、明らかにするという。

 

米国出身で元俳優のメーガン妃は、代表作のドラマの撮影でカナダに住んだことがある。夫妻は昨年誕生した第1子のアーチー君とともに、年越しの休暇をカナダで過ごした。英BBCによると、今回の声明について、他の王室メンバーは事前の相談を受けていないという。王室の広報担当者は「議論は初期段階にある。異なるアプローチを取りたいという彼らの望みは理解するが、複雑な問題で、時間がかかる」としている。ハリー王子夫妻は慈善活動への熱心さが称賛される一方、環境保護を訴えながら温室効果ガスを大量に排出するプライベートジェットを頻繁に利用していると批判されるなど、毀誉褒貶(きよほうへん)が激しい。ハリー王子は昨秋、英民放の番組で「大半が正しくないのに私と妻を傷つける報道がたくさんある」と報道への怒りをぶつけていた。

 

「パートタイムの王族」に?

「主要なメンバー」から退くということの意味は明らかではない。ハリー王子は王位継承順位は6位だが、王位継承から外れるかどうかなどの点について声明は触れていない。ただ、夫妻が露出を減らしたい考えであることは明らかだ。英メディアでは、夫妻がめざす「新たな役割」について「半分私人で半分王族」(英紙テレグラフ)「パートタイムの王族」(英BBC)などと解釈されている。王室担当記者は「新たな役割とは何か。どこに住み、誰がその費用を払うのか。他の王室メンバーとの関係はどうなるのか。疑問が多い」と指摘している。

 

☆★☆★☆★☆★

英王室の緊急家族会議 ヘンリー王子夫妻の離脱容認

(2020/01/14テレビ朝日)

 

イギリスのエリザベス女王はヘンリー王子とメーガン妃の王室離脱問題を巡り、緊急の家族会議を開きました。会議では2人の希望通り、イギリスとカナダの両国で暮らすことが了承されました。会議は13日、イギリス東部サンドリンガムにあるエリザベス女王の別邸で開かれました。会議後に出された声明で、エリザベス女王は「ヘンリー王子とメーガン妃には王室の主要メンバーとして残ってほしかったが、自立した生活がしたいという2人の希望を理解する」としました。そのうえで、「一家がイギリスとカナダの両国で暮らすための移行期間を設けることで合意した」と明らかにしました。家族会議にはチャールズ皇太子やウィリアム王子、ヘンリー王子が出席しましたが、メーガン妃はすでにカナダへ出国しているため電話での参加でした。