諏訪神社(長崎)

諏訪神社(鎮西大社諏訪神社)

 

諏訪神社(長崎)は、鎮西大社と称えられる長崎の総氏神です。鎮西大社諏訪神社とも言われますが、鎮西大社は通称で、現在の正式名称は諏訪神社です。秋の例祭(10月7日~9日)は、「長崎くんち」として、全国的に知られています。

 

<諏訪神社の神々>

諏訪神社(鎮西大社諏訪神社)は、諏訪大神(健御名方命と妃の八坂刀売命)を主祭神とし,相殿に森崎大神(伊邪那岐命,伊邪那美命)と住吉大神(表筒之男命,中筒之男命,底筒之男命)を祀っています。創建年代は不詳ですが、中世に信濃国の諏訪神を勧請(神仏の分霊を他の地に移して祭ること)したものとみられています。

 

  • 祭神

諏訪大神

建御名方神(たけみなかたのかみ)

八坂刀売神(やさかとめのかみ)

 

  • 相殿

森崎大神

伊邪那岐神(いざなぎのかみ)

伊邪那美神(いざなみのかみ)

 

住吉大神

表筒之男神(うわづつのおのかみ)

中筒之男神(なかつつのおのかみ)

底筒之男神(そこつつのおのかみ)

 

相殿(あいどのとは、神社の主祭神に対して,1柱またはそれ以上の神を合祀(ごうし)すること。

 

諏訪神社は、厄除け・縁結び・海上守護の神社として崇敬されていますが、諏訪大神は、水や風といった自然を司る竜神として知られ、水の守り神=海の守り神として信仰を集めてきました。歴史のある港町に諏訪大神が祀られています。長崎も例外ではありませんね。住吉大神も同様に、海の神としての信仰があり、そして、住吉大神は伊邪那岐(イザナギ)命の禊祓(みそぎはらえ) の際に海中より出現されたとされています。森崎大神とは、伊邪那岐命と伊邪那美(イザナミ)命の2柱を総称してしています。

 

<諏訪神社の由来>

諏訪神社は、弘治年間(1555年~1557年)より、長崎市内に祀られていた諏訪神社・森崎神社・住吉神社の三社を起源としています。1555(弘治元)年、日本初のキリシタン大名で、長崎港を開港した大村純忠の重臣、長崎甚左衛門純景の弟、長崎織部亮為英が、京都の諏訪神社の分霊(御神体)を、現在の風頭山(かざかしらやま)の麓に迎えて祠ったのが始まりとされています。

 

しかし、戦国時代には、時のキリシタン大名、大村純忠が長崎の領地をイエズス会に寄進したことから、長崎の地は教会領になり、領地内の社寺はこれら3社を含めて、すべて破壊されました。この事態に、豊臣秀吉は、純忠の死後、1587(天正15)年に、バテレン追放令を発して、宣教師による布教活動や人身売買などを禁じ、長崎の教会領も没収しました。江戸幕府も、1612(慶長17)年とその翌年、「慶長の禁教令」を発し、宣教師の追放にとどまらず、徹底的なキリスト教の信仰自体の禁止と教会の破壊を命じました。

 

こうした背景下、長崎においては、奉行の長谷川権六と代官の末次平蔵が、諏訪神社の勧請と建設を行います。松浦一族で佐賀(唐津)の修験者(山伏)・青木賢清(かたきよ)が招かれ、かつて長崎市内にまつられていた諏訪・森崎・住吉の三社の再興に着手し、1625(寛永2)年、現在の諏訪神社が、西山郷円山(現在の松森神社の地)に創建され、長崎の産土神となりました(青木賢清は諏訪神社の初代宮司になる)。それから、9年後の1634年には、諏訪神社の例大祭である「長崎くんち」も復活しました。

 

1641(正保)4年、に幕府より現在地に社地を寄進され、1648(慶安元)年には、徳川幕府より朱印地を得て、現在地(長崎市上西山町)に社殿が造営され、1651(慶安4)年に遷座しました。1857(安政4)年に、不慮の火災に遭い焼失しましたが、孝明天皇の勅諚(ちょくじょう、勅命)により、1869(明治2)年に社殿が再建されました。現在の社殿は、昭和59年の御鎮座360年祭、平成6年の370年祭を記念した造営されたものです。

 

ちなみに、諏訪神社は、1921(大正)10年、国幣中社に列格し、第二次大戦後は神社本庁の別表神社となりました。

 

<参考>

長崎旅ネット

鎮西大社諏訪神社HP

Wikipedia(諏訪神社)

日本三大祭「長崎くんち」開幕!くんちに秘められた長崎ならではの歴史とは

(Aera dot.)