2019年11月15日

ニュース:大嘗祭の「大嘗宮の儀」

「大嘗祭」厳かに…天皇陛下、大嘗宮で祈り

(2019/11/15、読売新聞)

 

天皇が一代に一度臨む伝統的な皇位継承儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が14日夕から15日未明にかけ、皇居・東御苑で行われた。1300年以上続く最も重要な即位に伴う皇室祭祀で、天皇陛下は神々に新穀を供えて五穀豊穣と国家の安寧を祈られた。陛下は東御苑に建設された大嘗宮で、14日午後6時40分頃から同9時15分頃まで東日本の新穀を供える「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」に臨まれた。儀式は秘事のため非公開で、宮内庁によると、陛下は悠紀斎田(さいでん)(水田)の栃木県で収穫された新米などで作った「神饌(しんせん)」を神に供え、自らも食された。皇后さまも帳(ちょう)殿(でん)で拝礼された。

 

儀式には、秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまら9人の皇族方のほか、安倍首相ら三権の長、国会議員、知事、各界の代表ら510人が参列した。陛下は15日午前0時半頃からは、西日本の主基(すき)斎田(京都府)の新米などを供える「主基殿供饌の儀」に臨まれた。425人が参列。儀式は午前3時半頃まで行われた。

 

大嘗祭は、稲作の収穫儀礼に根ざす儀式で、673年の天武天皇の時に一代一度の皇位継承儀式となり、室町から江戸時代まで約220年間の中断を挟み、受け継がれてきた。宗教的な色彩が強いため、憲法上の国事行為である「即位の礼」とは別に、皇室行事として行われた。政府は「公的性格がある」として宮廷費(国費)を支出。関連予算は、大嘗宮の建設費など計24億4300万円と見込む。

 

大嘗宮は、約90メートル四方の敷地に、木造建築など大小40近い建物で構成されている。21日~12月8日に一般公開した後、取り壊される。16、18日には、両陛下が大嘗祭の参列者らを招き、酒食を共にされる「大饗(だいきょう)の儀」が皇居・宮殿で行われる。

お名前
URL
MAIL