2019年09月21日

ニュース:米軍、UFOの存在を認める!

海外からのショッキングなニュースが!、アメリカが公式にUFOの存在を認めました。以前から研究されていたかとは周知の事実とされていましたが、なぜ今、このタイミングで…、今後もUFOのニュースに注目しましょう。今月報道された複数のメディアの記事を紹介します。

 

―――――

米海軍 未確認物体認める「“UFO映像”偽造ではない」

(2019年9月20日、TBSニュース)

 

アメリカ海軍が撮影し、「UFOが写っているのでは?」とされた映像。海軍は「映像は本物だ」と発表し、調査していることを明らかにしました。

「信じられない。風向きにあらがって飛んでいる」

これは、2015年にアメリカ海軍が撮影した映像(以下のURLを参照)。物体が空中で風向きに反して飛んだり、回転したりする様子が写されています。2004年にも同様の映像が撮影され、「UFO映像ではないか」と指摘されていましたが、アメリカ海軍は先週、「映像は偽造されたものではなく、本物の映像である」とする公式の見解を発表。「UAP=未確認航空現象」と分類し、調査していることも明らかにしました映像を撮影した場所などの詳細は明らかにしませんでしたが、米軍が、未確認物体の存在は認めた形です。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3783775.html

 

 

米海軍、UFO映像「本物」認める 米報道

(2019.9.19、産経ニュース)

 

米CNNテレビは19日、未確認飛行物体(UFO)の可能性があるとされた飛行物体の映像について、米海軍が「本物」の未確認現象として分類していることを認めたと報じた。CNNによると、飛行物体の映像は2004年と15年、パイロットの訓練中などに撮影された計3本で、軍の機密指定が解除され17~18年に公開されていた。赤外線センサーが高速移動する長方形の物体をとらえたという。

 

UFOをめぐっては今年5月にも、南部フロリダ州沿岸で訓練飛行中の海軍戦闘機が「極超音速で飛行する物体」を撮影した映像が公開されている。米メディアによると、米国防総省は07年以降、UFOの目撃情報の調査を専門チームを作り秘密裏に実施。12年までに約2200万ドル(約23億7000万円)が投じられた。(ワシントン支局)

 

 

米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認め

(2019年9月19日 Newsweek)

 

米海軍機が空で捉えた飛行物体が「未確認航空現象(UAP)」と分類され調査されていることがわかった。米海軍は9月上旬、過去15年間に同軍の操縦士が撮影した飛行物体を「未確認航空現象(UAP)」と分類し、調査していることをようやく認めた。9月17日付のサンディエゴ・ユニオン・トリビューン紙によれば、映像は2004年と2015年に海軍のパイロットがサンディエゴ沖と大西洋上空で撮影したもので、全部で3本ある。

 

これらの映像(以下のURL参照)は、機密解除された政府文書を公開する「ザ・ブラック・ボルト」というサイトが入手した。問題の映像には小型の飛行物体が高速で飛び回る様子が映っているが、海軍報道官はこの映像について「一切、説明も仮説もない」と述べている。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/ufo-3_2.php

お名前
URL
MAIL