2019年08月09日

ニュース:長崎、原爆投下から74年

長崎原爆の日、冥福祈る鐘響く…平和祈念式典

(2019年8月9日、読売新聞)

 

長崎は9日、被爆から74年となる「長崎原爆の日」を迎えた。長崎市松山町の平和公園では長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が行われ、被爆者や遺族ら約5200人が黙とうをささげた。田上富久市長は「長崎平和宣言」で、米国とロシアによる中距離核戦力(INF)全廃条約が2日に失効したことを踏まえ、核兵器使用の危険性が高まっているとして危機感を表明した。式典には、核保有国の米露英仏中など66か国の代表が参列。安倍首相のほか、国連のグテレス事務総長の代理として中満泉・軍縮担当上級代表らも出席。原爆投下時刻の午前11時2分、「長崎の鐘」が鳴らされ、参列者全員で黙とうして犠牲者の冥福を祈った。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

長崎原爆の日、被爆者が安倍首相に訴える「この問題だけはアメリカに追従しないで」

(2019年8月9日、Huffpost)

 

長崎への原爆投下から74年が経った8月9日、長崎市で平和祈念式典が開かれ、被爆者による平和への誓いが述べられた。平和の誓いを読み上げたのは山脇佳朗さん。

(中略)

こうした悲劇を二度と繰り返さないために、式典に出席した安倍晋三首相に向けて、次のように問いかけた。「被爆者が生きている間に、世界で唯一の被爆国として、あらゆる核保有国に核兵器を無くそうと働きかけてください。この問題だけはアメリカに追従することなく、核兵器に関する全ての分野で、核兵器廃絶の毅然とした態度を示してください」

 

 

お名前
URL
MAIL