2019年02月06日

出版企画の紹介

「タブーに挑む」シリーズとして、3作品を企画提案します。


知られざる日本国憲法のなりたち


 日本国憲法は本当にマッカーサーの押しつけ憲法だったのか!?日本国憲法は本当にアメリカ製?憲法改正論者がいう「日本国憲法はGHQが作った」を検証します。


明治憲法はホントに日本を軍国主義に導いた憲法だったのか?


 日本国憲法に対して、徹底的に批判されがちな明治憲法ですが、果たしてそうなのでしょうか?悪い憲法としての明治憲法と、いい憲法としての明治憲法の両論併記で解説します。


実は教育勅語って…!?


 教育勅語は、ホントに若者を戦場に駆り立てたのでしょうか?明治憲法以上に悪の権化のように取り扱われている教育勅語に光を当てます。もちろん、思想的な偏りをなくすため、既存の解釈も説明します。



歴史上の人物でも、蘇我氏、明智光秀、田沼意次というと、独裁者、裏切り者、賄賂政治家というレッテルが貼られていますが、必ずしも通説通りではなさそうです。「これまで『悪』とされていたものが実はそうではなかったかも知れない、そう思い込まされていただけかもしれない、まずは疑ってみよう」という気持ちから、表題のテーマに行き着きました。

特に、明治憲法、教育勅語、日本国憲法に否定的な考えをもっている人たちの中で、学校で教えてもらったから、新聞やニュース解説でそう言われているから何となくそういうものだと思っている人たちに、実際、全文をしっかり吟味した上で、自分の頭で判断してもらいたいという思いから執筆に至りました。

お名前
URL
MAIL