2017年10月02日

ブログ:衆院選に思う① 憲法改正は確実!?

安倍政権による突然の衆院解散、同じく諮ったような小池新党の誕生と野党再編について、前後の関係なく、支離滅裂ながら、思うまにまに述べてみたい。

 

メディアは、小池新党の誕生で、今回の選挙で、自民党vs希望の党とい銘打って、来る衆院選を盛り上げているが、自民党=希望の党で、憲法改正が間違いなく実現することを意味するではないか?

 

希望の党に民進党が吸収されると報じられる中、小池氏は民進党議員の合流に「安保法制に反対しないことと改憲賛成」を条件に挙げた。そして、多くの民進党議員が希望の党へ移籍している。この結果、自民が勝とうが、希望の党が勝とうが、両党で可能な限り、議席を配分する形となれば、改憲派でゆうに2/3をとれるであろう。仮に自民だけで2/3をとったとしても、安倍政権に対する批判が高まっていることから、反安倍で団結され、憲法改正阻止勢力が勢いを増す恐れがある。これに対して、今のところ勢いのある希望の党が加われば、その力は削がれる。ましてや国民投票となったときにも、希望の党が改憲に引っ張る力は大きいであろう。

 

自民党+希望の党+公明党+維新で圧倒的な改憲派が国会を占め、国民投票も乗り切れる公算が極めて高くなる。これに希望の党との連携という形で自由党も加わる可能性もある。小池氏は、一つの区以外を除いて候補者を立てるという。例外とされた区は公明党の大田氏の選挙区である。民進党の枝野氏を中心とした勢力がリベラル政党を旗揚げすると報じられたが、どれだけの力になるだろうか?民進党の多くの有力議員が希望の党に移ってしまっている。かつての強大な社会党が、現在の社民党になってしまったような結果になるような気がする。

 

いずれにしても、衆院解散から始まる一連の動きは何やら計算づくめのような気がしてならない。そういえば、以前、安倍首相、小池都知事、小泉元総理などが会食をしたというニュースが流れたことがある。ひょっとして、安倍総理は、小池氏の協力で、自分の政権で望み通り憲法改正を実現し、小池氏は東京オリンピック・パラリンピックを成功させた後、総理の職を引き継ぐようなシナリオができているのではないかとさえ、疑わざるを得ない。

 

小池都知事は今回の選挙で自ら出馬しなければ、この「疑惑」はさらに高まる。時の政治家と常に連携してきた小池氏ほどの鼻の利く政治家が、今回の降って沸いたような「女性初の首相」の地位を狙わないのはおかしい。もっとも、民進党議員の移籍数(自由党の合流を含む)などによって、今回の選挙で過半数をとれると踏めば、私は小池氏は出馬するとみているのだが…。しばらくは国政の動向に目が離せない。

 

 

 

お名前
URL
MAIL