2017年03月10日

ブログ:「第2の森友疑惑」に見る「彼ら」の力

第2の森友疑惑が浮上しつつある。その中身の一部は記事を抜粋したので、読んでもらって、本日、ブログとして取り上げたいのは、この疑惑についてではなく、今後の政局について、思いのままを綴ってみたいからだ。私は陰謀論者と思われたとしても、この世の中、特に政治の世界では、見えない力によって仕組まれていると思っている。霊の世界を言っているのではない。見えない力とは、おそらくカネの力で影響力を持つグループか何かわからないが、何らかの力が働いていると思う。とりあえず「彼ら」としておこう。

 

突然、ふって湧いてきたような森友学園問題で、盤石だった安倍政権が急に怪しくなってきた。特に、日本の場合、政治スキャンダルは「彼ら」のメッセージだ。今まで余りにも安倍政権に何もなかったのは不思議なくらいであった。明らかに「彼ら」に守られていた。もし、森友問題がさらに深刻化していくか、この第ニの森友疑惑まで、メディアの餌食になるなら、恐らく安倍政権は終わるだろう。森友問題に関する安倍総理のムキになって短気を起こす対応を見ると、安倍総理は「偉大な政治家の器」でないことがわかる。野党の質問者からもたしなめられるような狼狽ぶりは、目に余る。やはり、苦労を知らないボンボンだったのだと思う。守勢に回ると脆い姿は、第一次安倍政権のときと同じだ。ということは、これまでの強い安倍政権は、ただ「彼ら」に利用され、祭り上げられていただけだったのか。「彼ら」の意向に背いたかどうかわからないが、下手したら今回のスキャンダルでお払い箱になってしまうかもしれない。もう一度、安倍自民党と戦いたいと思っていた自分からすれば、ある意味残念だ。

 

では、もし安倍政権が終わったら、ポスト安倍はどうなるだろうか?私が恐れる最大のシナリオは、小池新党の台頭だ。小池知事は明らかに、日本初の女性首相の座を狙っている。失礼ながら性格の悪そうな「お顔」からその野心はありありと見てとれる。10年以上も前にはやった「劇場」政治は、時代遅れなのだが、彼女が繰り出す「劇場」は見事に当たっている。しかも絶妙なタイミングで。私は、「彼女」に「彼ら」がついているような気がしてならない。杞憂であることを願う。

 

話しは180度変えて、「彼ら」の力が、アダム・スミスの「見えざる手」のように万能であれば、今回の森友事件で、憲法改正の動きはさらに阻止されることを願いたい。皮肉にも、先日、安倍総理は改めて、「憲法改正をめざす」と宣言したばかり。先の参院選で、3分の2を与党がとったならば、安倍総理は祖父からの悲願を実現するために、憲法改正に邁進できたはずだが、そうなっていない。まず、天皇陛下が生前退位のご意向を示されたことで、憲法改正という重大なテーマが議題に登れなくなった。最初から結論ありきの審議会で、特例法で処理されそうになった時に、こちらも絶妙なタイミングで、森友問題が浮上してきた。国会での総理のあの狼狽ぶりを見れば、「打たれ弱い」総理、心中、憲法改正どころではないのではないだろうか?

 

私も憲法改正論者だが、今の安倍政権での改正には反対している。それは、改正が日本の国益に資っせず、アメリカの国益にのみ貢献するからだ。そもそも、「祖父の思いを自分が」などと考えているところに、政治の私物化を感じざるをえない。都知事のように、口だけでも、国民ファーストと言うべきだ。いずれにしても、政治に目が離せなくなってきた。

 

☆★☆★

第2の森友疑惑 安倍首相“お友達”大学に公有地36億円を無償譲渡
(2017年3月6日、dot.)

アッキーが名誉校長を務めるはずだった“愛国”小学校を建設中の森友学園が国有地を激安で手に入れた疑惑が連日、国会で取り上げられている。そんな中、「第2の森友疑惑」が急浮上した。愛媛県今治市議会で3月3日、可決された2016年度補正予算案の内容が、にわかに注目を集めている。この決定は、今治市内の土地を、新設される岡山理科大獣医学部の用地として無償で譲渡するというもの。広さ16.8ヘクタール、約36億7500万円相当の広大な土地をタダであげ、さらに23年までの学校の総事業費192億円のうち、半分の96億円を市の補助金で負担するという。まさに至れり尽くせりの厚待遇である。

 

 

事情を調べると、またも安倍首相夫妻の“お友達”人脈が浮かび上がる。岡山理科大を運営する学校法人加計学園(岡山市)グループは岡山県を中心に全国で大学、専門学校、高校、中学校、小学校、幼稚園など29の教育施設を運営する一大組織。その2代目である加計孝太郎理事長は、安倍首相の40年来の旧友として知られる。日経新聞の「交遊抄」(10年9月21日付)によると、加計氏は安倍首相が大学卒業後に米カリフォルニア州立大ロングビーチ校に語学留学した際に知り合って以来のゴルフ友達だという。

 

 

さらに、最近何かと話題の昭恵氏がここでも登場する。15年9月、昭恵氏は加計学園が運営する認可外保育施設「御影インターナショナルこども園」を訪問し、保護者らを前に名誉園長就任を受けた講演を行っている。どことなく、森友学園問題を連想させるような親密ぶりだ。だが、今治市に新設する大学の認可をめぐる流れを見ると、さまざまな疑問が湧き上がる。

 

※週刊朝日  2017年3月17日号より抜粋

お名前
URL
MAIL