2016年12月17日

ニュース:日露首脳会談、ロシアの外交的勝利

日露首脳会談「外交的勝利」ロシア満足感
(毎日新聞2016年12月17日)

 

15、16両日の安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領の首脳会談を巡り、ロシアの報道や専門家の発言からは16日、北方領土問題でロシアが譲らなかったのに日本からは経済協力を得たとして「ロシアの外交的勝利」に終わったとの満足感が漂った。

 

大衆紙モスコフスキー・コムソモーレツは16日、「シンゾウ・アベの計画はうまくいかなかった」と書き出しから報じた。長時間の会談にもかかわらず、安倍首相が国民に示すことができた成果は北方領土での「共同経済活動だけ」と皮肉った。長年、日露関係に従事してきたパノフ元駐日大使は経済紙ベドモスチに、共同経済活動を行えばロシアの主権を認めることにつながるとして日本がこれまで拒否してきた経緯に触れ、実現すれば「日本側の歴史的譲歩となる」と述べた。

 

カーネギー財団モスクワセンターのアジア専門家ガブエフ氏は同紙に、共同経済活動を実施しても「(領土問題解決という)日本の主要目的に近づくことはない」と断じた。さらに安倍首相は共同経済活動で「特別な制度」を掲げるが「プーチン氏に聞けば単に『日本の投資家がロシア領に来る』と答える」と強調し、「ロシアの動きは成功となる」と分析した。一方、下院外交委員会のスルツキー委員長はインタファクス通信に「平和条約を念頭に置いた、特別な制度での共同経済活動の合意は歴史的なことで、両国の利益に応えたものだ」と評価した。同時に今回のプーチン氏訪日は「先進7カ国(G7)の対露制裁網の突破だ」と意義を語った。

 

お名前
URL
MAIL