2016年06月21日

ニュース&コメント:原発の「40年ルール」はどこへ

40年を超える高浜原発1、2号機の運転延長が認可されました。福島の原発事故を機に生まれた40年ルールはどうなったのでしょうか?安倍政権の原発推進の勢いが増しそうです。明日公示の参院選挙の話題にももはやなりそうになり原発問題、改めて注意が必要です。

 

☆★☆★

40年超原発、延長を初認可 高浜2基、60年運転 規制委
(2016年6月21日、朝日)

 

原子力規制委員会は20日、運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(福井県)について、60年までの運転延長を認可した。東京電力福島第一原発事故の後、原発の運転期間を原則40年とする制度ができてから初めて。運転延長の審査の「ひな型」ができたことになり、「例外」とされてきた運転延長が他原発でも相次ぐ可能性が高い。

 

規制委は高浜1、2号機について、劣化しつつある一部の配管や電気ケーブルの補強や交換を条件にした上で、60年の時点でも安全機能が維持できると判断。1号機は2034年11月、2号機は35年11月までの運転を全会一致で認めた。ただ、関電はケーブルの交換など安全対策工事に3年以上かかるとみており、再稼働は早くても19年秋以降になる見通しだ。

 

今の制度では、原発の運転期間は規制委が認めれば1度だけ最長20年延長できる。1、2号機の場合、経過措置で猶予された7月7日の期限までに三つの許認可を受ける必要があった。

 

規制委は期限までに許認可がそろわず「時間切れ」で廃炉を迫られる事態を避けるため、他の原発を後回しにする形で審査し、4月に新規制基準に基づく許可を出した。重要設備を実際に揺らして耐震性を確かめる試験を先送りして、今月10日に工事計画を認可した。

 

福島の事故後、電力各社は40年前後の老朽原発6基の廃炉を決めたが、35年以上の原発は高浜以外に5基ある。関電は美浜原発3号機(福井県)についても延長を申請しているが、主な審査は終わり、期限の11月末までに認可される可能性が高まっている。

 

☆★☆★

原発はどう考えても不要で、火山列島の日本には危険極まりないものです。原発ゼロこそ、まともな知性を持った人間が考えることです。そもそも、自民党が長年、原発推進政党で、事故当時の民主党政権が即時原発ゼロを打ち出せなかった理由は、アメリカの圧力です。アメリカにとって、核兵器が使えない中、原発ビジネスは金になるからです。日本の安全など頭にないはずです。

 

そのアメリカは国内では、シェール革命を受けて、原発離れが加速しています。他国には原発を維持させ、自国では原発離れ、理由はアメリカなりの国益の推進です。

 

日本はアメリカの国益のために、今後も原発を維持するつもりでしょうか?身の危険を省みず、日本の国益のために、原発ゼロを打ち出す与党政治家がでてこないのは、日本の悲劇としかいいようがありません。

お名前
URL
MAIL