神社

上賀茂神社/下鴨神社、御影神社

神田明神(神田神社)、日枝神社、富岡八幡宮、浅草神社

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

上賀茂神社/下鴨神社

 

京都三大祭りの一つとして有名な「葵祭り」は、上賀茂神社、下鴨神社の祭礼です。

 

上賀茂神社(正式名称:賀茂別雷神社 かもわけいかづち)

ご祭神:賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)

 

下鴨神社(正式名称:賀茂御祖神社 かもみおやじんじゃ)

ご祭神

賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと):西殿

玉依媛命(たまよりひめのみこと):東殿

 

下鴨神社は昔は、下賀茂神社でしたが、賀茂川は下流にきて、鴨川と高野川に分かれることから(賀茂川が鴨川になる)、賀茂川の下流の領域に位置する下賀茂神社は下鴨神社となったと言われています。

 

賀茂神話

上賀茂神社と下鴨神社は、古代氏族である賀茂氏(かもうじ)の氏神を祀る京都最古の神社で、もともと「賀茂社(賀茂神社)」と称された一つの神社でした。その創始は太古に遡り、京都の社寺では最も古い部類に入ります。古代の有力氏族である賀茂氏(かもうじ)の中で、京都山城に定住した賀茂県主家が、祖神を祀り、県神社・県主神社として賀茂社(賀茂神社)を創建しました。

 

賀茂氏の始祖(祖先神)は、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)という神様で、八咫烏(やたがらす)の化身とされます。八咫烏は「神武東征(日本の建国神話)」の際、天照大神の命で神武天皇を阻む難路を先導したことで知られ、実際は賀茂氏が神武天皇を助けたのではないかという見方もあります。また、賀茂建角身命は、「記紀」で天地開闢(かいびゃく)の際に、高天原に最初にお出ましになられた造化三神のお一人である神魂命(神皇産霊尊、神産巣日神、カミムスビ)のひ孫とされています。

 

その後、賀茂県主の祖となった賀茂建角身命は、宮崎県の日向から大和の葛城山に降りたとされ、さらに、京都の山城の加茂町へ移られ、木津川を上がって、最終的に鴨川の地(京都北山)へ遷座されたと伝えられています。その賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)の娘が、玉依日売(たまよりひめ)という神様です。ある時、玉依日売が、賀茂川で禊(みそぎ─身を清める儀式)をされていたとき、川上から赤い矢を流れてきて、玉依日売の体に触れました。玉依日売はその矢を拾われて、帰って床に置いたところ懐妊し、賀茂別雷命(かもわけいかづち)という神様が生まれました。

 

賀茂別雷命は成人し、その祝宴の席で、賀茂別雷命の祖父の賀茂建角身命(かもたけつぬみ)が、「汝の父にもこの酒をあげなさい」と御子に申され盃を渡したところ、盃を天に捧げ「わが父は天津神(あまつかみ)なり」と答え、屋根を突き抜け天に昇っていかれました。人々は、この時、賀茂別雷命の父が神であることがわかったといいます。玉依媛命がミソギの際に受けた赤い矢は、神の化身とされる丹塗矢(にぬりや)で、この時、この矢には乙訓社の火雷神(ほのいかづち)もしくは大山咋神(おおやまくい)が宿っていたとされています。

 

さて、残された賀茂建角身命と玉依媛命は、賀茂別雷命に再び会いたいと願っていると、玉依媛命の夢枕に、「葵を飾って神迎えの祭りをせよ」との神託がありました。そこで、それに従って神祭りを行ったところ、賀茂別雷命が天より「神山(こうやま)」の頂上にある磐座(いわくら)に降臨されたと伝えられています。こうして、賀茂県主一族は、賀茂別雷命(かもわけいかづち)を上賀茂神社(賀茂別雷神社)に祀り、またその後、玉依媛命と賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)を、下鴨神社(賀茂御祖神社)に祀りました。ちなみにかつて下鴨神社は下賀茂神社と書きましたが、近くに流れる「賀茂川」が、高野川という川と合流して「鴨川」となることから下鴨神社となったとされています。

 

賀茂社の発展

ここまでが、神話・伝承に基づく賀茂神社(賀茂社)の由来ですが、歴史的な流れでその発展の経緯を確認してみましょう。

「賀茂社」の原形が整ったのは、神武天皇がご活躍された紀元前 658年とされ、二代の綏靖(すいぜい)天皇の御代(BC580頃)には、現在の御蔭祭の始源である御生(みあれ)神事(後述)がはじまったと言われています。奈良時代になると、賀茂社は、山城国(京都)の神社の枠を超えて全国的な広がりをみせました。また、上賀茂神社から下鴨神社が分置されたのも、奈良の天平の時代とされています。

 

794年の平安遷都後は、朝廷から「皇城鎮護の神社」として崇敬を受け、807年は、伊勢神宮に次いで、神社の格付け(社格)では最高位である「正一位」の神階を受けました。 さらに、810年には、嵯峨天皇が、伊勢神宮の「斎宮」にならって、賀茂社(上賀茂神社と下鴨神社)にも「斎院(斎王)」が置かれました。「斎院(斎王)」とは、神社に巫女として遣わされ、祭祀に奉仕した未婚の皇室の女性のことです。朝廷は皇女を斎王として神のそばにおくことで、神への崇敬の念を表されたとされています。

 

斎院の制度は、平安時代(810年)から鎌倉時代(1212年)まで、約400年にわたり続けられましたが、この制度が適用されたのは、賀茂神社と伊勢神宮だけです。賀茂神社が、古来から朝廷の尊崇を厚く受けていたことがわかります。明治に入って定められた近代の社格制度においても、賀茂神社は、伊勢神宮に次ぐ官幣大社の筆頭とされ、明治16年(1883年)には、祭祀に際して天皇により勅使が遣わされる勅祭社に定められました。

 

 

御蔭神社

 

御蔭(みかげ)神社は、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ=下鴨神社)の境外摂社(境内の外にある関連深い社)です。祭神は、本宮(下鴨神社)と同じく玉依姫命(たまよりひめのみこと)と、その父神の賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)です。ただし、玉依姫命と賀茂建角身命の荒御魂(あらみたま=御生したばかりの神霊)を祈祀する特別な摂社とされています(葵祭の前に、御蔭神社で、祭神の魂が新しく生まれるとされている)。

 

御蔭神社のある御生山(みあれやま)は、比叡山の南山麓の八瀬にあって「東山三十六峰」の第二番目の山(第一番は比叡山)で、太古に賀茂御祖神社(下鴨神社)の大神が降臨した神聖な場所と伝えられています。御生山は、「太陽がただ射すところ」という意味から御蔭山と呼ばれ、御蔭神社の由来となったとされています。

 

御蔭神社の創建はとても古いので、記録には残っておらず、変遷も不明です。社伝によると、第2代の綏靖天皇(すいぜいてんのう)の御代(古墳時代)のBC581年から、次に紹介しますが、御蔭神社の祭祀である「御生神事(みあれしんじ)」が始まったとされているので、相当な歴史のある神社であることは間違いありません。

 

現在では御蔭祭(みかげまつり)と呼ばれる御生神事とは、賀茂祭(葵祭)に先だって、毎年5月12日に、御影神社から神霊を本宮の賀茂御祖神社(下鴨神社)へ迎える神事で、日本最古の祭儀式とされています。御蔭神社は、まさに下鴨神社と上賀茂神社の例祭「葵祭(賀茂祭)」でも重要な役割を担っているのです。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

では、次に江戸の三大祭りを主催している神社を紹介します。

 

神田明神(神田神社)

 

天平年間の西暦730年に、出雲族の真神田臣(まかんだおみ)が祖神大己貴命(大黒様)を祀ったことが始まりとされる1300年以上の歴史ある神社です。正式名称には神田神社、神田祭は神田明神の祭事です。

 

神田明神は江戸時代に徳川家とともに発展しました。徳川家康は、戦さの前に必ず家来に神田明神で戦勝を祈らせたと言われています。その後、天下統一を果たした家康は、神田明神に感謝して立派な社殿や神輿を寄進しました。この家康の支援により、神田明神は、幕府によって江戸城を守護する神社となりました(神社で行われる神田祭りは現在のような盛大なものになった)。

 

現在、神田明神は、大手町、丸の内、神田、日本橋、秋葉原、築地魚市場など都心の108の氏子町の総氏神です。

 

神田明神祭神

一ノ宮:大黒様(大己貴命=オオナムジノミコト)

二ノ宮:恵比寿様(少彦名命=スクナヒコナノミコト)

三ノ宮:平将門(将門命=マサカドノミコト)

 

ただ実は、神社とその祭神の起源は、正確にはよくわかっていません。確かに、社伝によれば、神田明神は天平2年に真神田臣氏が創建したとされています。このとき祭神とされた大黒様(大己貴命)は、安房神社(千葉県館山市)から分祀されたものだそうですが、その安房神社では、それまで一度も大黒様を祭神としていた形跡がないことから、この伝承は疑念視されているそうです。現在、二ノ宮に祭られている恵比寿様も、明治になって平将門が祭神から外されたとき(後述)、急きょ祭神に加えられたものだそうです。

 

そうすると、三ノ宮に祭られている平将門も、歴史学の見地から、創建時の祭神とは言いきれないとされています。というのも、平将門には、首無し死体が歩いたり、首が飛来したという類の所謂「将門伝説」があるからです。ただし、14世紀のはじめn、東京・神田の地に、平将門の首塚を祀ったのが神田明神のはじまりであるとする説が根強く支持されています。

 

もともと、神田明神では、将門を祀っていたのが、江戸時代になると、大黒様(大己貴命)を一の宮として祀り、将門は二の宮となって脇役に追いやられました。さらに明治時代になると、「天皇(朝廷)に刃向った謀反人」として、祭神から外れてしまいました(この時、恵比寿様が招来)。その後、復活しますが、将門は「最下位」の地位に甘んじるわけです(現在、将門は神田明神の三ノ宮に祀られている)。

 

そうなると、神田明神のさらなる理解のためには、平将門、特に将門伝説を知る必要がありそうです。

 

 

日枝神社

祭神:大山咋神(おおやまくいのかみ)

山王祭りは日枝神社の祭礼です。

 

日枝神社(ひえじんじゃ)は、「山王信仰に基づき比叡山麓の日吉大社より勧請を受けた神社の社号」です。つまり、日枝神社は、滋賀県・比叡山のふもとにある日吉大社から派生して創建されました。ですから、日枝神社には、比叡山の神様である山の神様「大山咋神(おおやまくいのかみ)」が祀られています。

 

ここで紹介する日枝神社は、日本に数ある日枝神社の一つで、山王祭(江戸三大祭りの一つ)を取り行っている東京千代田区にある神社です。日枝神社とその祭の由来についてははっきりしていませんが、今から約800年前、現在の川越に建てられました。滋賀県の日吉神社を、秩父重継(ちちぶしげつぐ)が、そのころ荒野だった川越にもってきたことがはじまりといわれています(詳しい創建年は不明)。

 

日枝神社は現在、東京の中心部・赤坂にありますが、その後、何度も移転を繰り返しました。江戸幕府以前、室町時代の武将、太田道灌(おおたどうかん)が、約560年前の長禄元年には、江戸城の完成と同時に、日枝神社は江戸城に移され、文明年間(15世紀)に江戸鎮護の神として祀られていたことが伝えられています。その後、城内で忘れかけられていたところを、江戸城に入った徳川家康が発掘され、江戸城内の紅葉山に遷座されます。慶長9年(1604年)からの徳川秀忠による江戸城改築に際して、社殿は江戸城外の麹町隼町に遷座し、庶民が参拝できるようになりました。(室町時代の武将太田道灌により、江戸城内に移築されたあと、江戸幕府成立後には再度城外に移された過去があります。)

 

ただし、1657年に起こる江戸時代最大の大火事、明暦の大火で社殿を焼失してしまいます。そして大火事の災難から2年後の1659年に、現在の場所(東京赤坂)に再建されることになるのです。江戸城の南西、もっともよい方角とされる裏鬼門に位置していたため、この場所が再建の地として選ばれたといわれています。なお、現在の日枝神社の建物は、昭和20年の東京大空襲で全焼してしまったあと、昭和33年に再建されたものです。いずれにしても、日枝神社は、徳川の時代に守護され、同時にその祭礼(山王祭り)も守られてきました。特に三大将軍徳川家光以降は、将軍上覧の「天下祭」として、江戸はもちろん、全国に広く知れ渡るようになりました。

 

 

富岡八幡宮

 

御祭神  応神天皇(誉田別命ほむたわけのみこと)

富岡八幡宮の祭礼は、深川八幡祭り(ふかがわはちまんまつり)として江戸三大祭りのひとつに数えられています。

 

富岡八幡宮(通称、深川八幡宮)は、江戸時代の1627年(寛永4年)、現在地に御神託により創建された江戸最大の八幡宮です。創設の初期より、源氏の氏神である八幡大神をとりわけ尊崇した徳川将軍家の手厚い保護を受けてきました。また、明治維新の際には、朝廷より准勅祭社に御治定され(勅使を遣わされ幣帛を賜りました)。さらに、人々の間でも墨田川両岸(深川・新川・箱崎)の氏子を中核として、広く崇敬を集め、世に「深川の八幡様」と親しまれています。

 

富岡八幡宮は、今の大相撲のルーツである「江戸勧進相撲」の発祥の神社としても知られ、境内には大相撲ゆかりの石碑(歴代横綱の名を刻した横綱力士碑)も多く建立されています。なお、富岡八幡宮では、2017年12月、宮司殺傷事件(宮司職を巡るトラブル)が起こり、社会に衝撃を与えました。

 

 

浅草神社

 

江戸の三大祭りの一つである三社祭りは浅草神社の祭事です。

浅草神社は、浅草寺をつくった土師真中知命(はじのまつちのみこと)と聖観世音菩薩を川から引き揚げた漁師の檜前浜成(ひのくまのはまなり)・竹成(たけなり)兄弟を祀る神社です。明治維新の神仏分離令によって浅草寺と分かれ、明治元年に三社明神社と改められ、同6年に浅草神社となりました。

続く