記紀(国譲り)

国譲り

 

スサノオが治めた出雲の国は、その後、子孫の大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)という神様が治めていました。しかし、高天原(天上の神々の国)を治めていた天照大御神様(アマテラスオオミカミ)は、「葦原中国(あしはらのなかつくに=地上の国)は我が子が治めるべき」とお考えになられました。天の安河で、天上の神々(高天原の八百万の神々)による会議が開かれ、地上の統治を天上に委ねさせることが決定されました。

 

そこでは、天照大神は、力自慢の建御雷神様(タケミカヅチ)と、足の速い天鳥船神様(アメノトリフネ)の二神を、地上に差し向けました。二人の神は出雲の国の小浜(稲佐の浜)に降り立ち、大国主神に直々に「国譲りの」談判をしました。そして、大国主神様に、「我々は天照大神の命令できた。『葦原中国(地上の国)は、我が子が統治すべきだ』と天照大御神様はおっしゃっているが、どう思うか?」と強い口調で言いました。

 

すると、大国主大神様は、「私の一存ではお答えできません。息子の事代主神様(コトシロヌシ)と相談します。ですがあいにく美保の岬に鳥を狩りに行っています」と答えました。そこで、建御雷神様(タケミカヅチ)は、天鳥船神様(アメノトリフネ)を迎えに行かせ、事代主神を呼んで来させます。事情を聞いた事代主神様は、父の大国主神様に、「かしこまりました。おっしゃるように、天照大神の御子に奉りましょう」と答えました。

 

その時そこへ、大国主神様のもう一人の息子(事代主神の弟)で、力持ちの建御名方神様(タケミナカタ)が大きな岩を抱えて戻ってきました。建御名方神様(タケミナカタ)は、国譲りに反対し、「この国が欲しいのなら力競べだ」と言って大岩を投げ捨て、建御雷神(タケミカヅチ)に力勝負を挑みます。建御名方神様(タケミナカタ)は、建御雷神様(タケミカヅチ)の腕をぐいとつかみましたが、建御雷神様(タケミカヅチ)の腕が氷柱に変わり、さらにその氷柱は剣の刃に変わりました。建御名方神様(タケミナカタ)が驚き一瞬ひるむと、今度は、建御雷神様(タケミカヅチ)が建御名方神様(タケミナカタ)の腕をつかみ、軽くひねって投げ飛ばしてしまいました。この出雲を舞台とした力競べが大相撲の始まりと言われています。

 

力競べに負けた健御名方神様(タケミナカタ)は、出雲から信濃の国(現在の長野県)まで逃げましたが、追いかけてきた建御雷神様(タケミカヅチ)に、諏訪湖辺りで追いつめられ組み伏せられてしまいました。健御名方神様(タケミナカタ)は、葦原中国を譲ることを約束し、命と引き換えに、諏訪の地から外には出ないことを誓ったとされています。こうして、それまで、葦原中つ国(あしはらのなかつくに=日本)を治めておられた大国主神様、事代主神様(コトシロヌシ)、そして健御名方神様(タケミナカタ)は、出雲の地においてその統治権を天照大御神にお返しになられました。ここに国譲りが実行されたのです。

 

大国主神様は、国を譲った代償として、お隠れになられる際、出雲の地に高天原の御殿のような壮麗な神殿を立ててもらい、そのみ魂が祀られました。その神殿こそ、現在の出雲大社です。事代主神様は、国譲りを受け、美保の御岬から、船に乗って海に出られ、海中にお隠れになられたとされています。諏訪の地に引き籠もった健御名方神様(タケミナカタ)は、諏訪神社の祭神となりました(諏訪神社の起源)。

 

一方、大国主神様から葦原中つ国(日本)の統治権を譲り受けた天照主大御神様は、孫の瓊瓊杵尊様(ニニギノミコト)を地上に送りこみ、統治を委ねました。記紀神話は、天孫降臨のストーリーとして進んでいくのです。