記紀(出雲神話)

国造り(スサノオとオオクニヌシ)

 

天照大神の弟神とされる須左之男命(素戔嗚尊、スサノオノミコト)(以下「スサノオ」と表記)と、そのご子孫にあたる大国主神については、記紀の中では「国造り・国譲り」の壮大なお話しの中に登場します。

 

母イザナミに会いたいといつも泣いていたスサノオは、天上の高天原にいる姉の天照大神を訪ね、しばらく、滞在していました。当初、平穏に過ごしていたスサノオでしたが、元々荒っぽい神であったとされ、たんぼの畦道は壊すなど乱暴な行いを続け、ついには高天原から追い出されてしまいました(スサノオが粗暴な行為をしたという話は誤解釈の説もある)。

 

追放されたスサノオは、地上の世界である「葦原の中つ国」の出雲の斐伊川のほとりに天降られました。その川のほとりで泣いている奇稲田姫(くしなだひめ・櫛名田比売)に出会います。聞けば、そこに住むヤマタノオロチ(八岐大蛇)に食べられてしまうと言うではありませんか。そこでスサノオは、奇稲田姫を櫛(くし)に変えて自分の髪にさし、やってきた八俣の大蛇を濃い酒で酔わせ、剣でずたずたに斬り殺します。その時、ヤマタノオロチの体から出てきたのが、後の三種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)です。

 

八俣の大蛇を退治した後、スサノオは、奇稲田姫と結婚し、出雲の国を治められ、やがて「根の国(冥界)」に下って行かれました。 その後、出雲神話の中心人物となるのは、スサノオの息子とも、数代あとの子孫ともされる大国主命(おおくにぬしのみこと)で、太古、各地において地上の国造り・人造りを進めてこられました。

 

大国主命(大国主(おおくにぬしの)神(かみ))には、八十神と言われるほどのたくさんの兄弟親族がおりました。オオクニヌシは最初、兄弟の神々からひどい試練を受けました。昔因幡(いなば)の国(現在の鳥取県)に八上比売(やがみひめ)という見目麗しいお姫様がおり、大国主の兄弟たちは自分の嫁にしたいと思い、ある日、出雲の地から連れだって因幡に出かけていくことにしました。大国主命は、幼少の頃、大己(おおなむ)貴(ちの)神(かみ)(オオムナチ)と言われ、兄弟の中でも一番末っ子でした。若き大己貴はお人好しで温和な性格で、今でいう小間使いのような役回りをさせられていたと言われています。

 

因幡の気多に着いた八十神たちは、八上比売(やがみひめ)に求婚しますが、ことごとく断られてしまいました。しかし、姫は大己(おおなむ)貴(ちの)神(かみ)だけ気に入り、結婚してもよいと思われました。これを知った八十神たちは怒り、邪神と化し、共謀して大己(おおなむ)貴(ちの)神(かみ)を殺そうと計画しました。

 

オオムチは、山に連れていかれ、真っ赤に焼けた大きな岩が山の上から転がり落ちるのを受けとめさせられ、押し潰されました。また、木に切り込みを入れて楔を打ち込み、大己(おおなむ)貴(ちの)神(かみ)をその割れ目に入れ、それから楔を引き抜いて、大己(おおなむ)貴(ちの)神(かみ)を挟み潰したりされました。記紀の中では、オオムチは兄弟たちからこうした仕打ちを受け、2度死んで、母の一念(母神の力)で甦っています。

 

また、根の国(根の堅(かた)洲(す)国(くに))(地の果ての冥界)にいたスサノオを訪ねていくと、オオムチは、そこでも、蛇やムカデ、蜂のいる室屋に入れられたり、野原で火に取り囲まれたり(この時、白ねずみに助けられる)と試練を受け続けます。堪らず、オオムチは、スサノオのもとを脱出し、スサノオの宝である太刀、大弓、琴を持ち出して、地上世界との境である黄泉(よもつ)平坂(ひらさか)まで逃げ延びました。その時、追ってきたスサノオは、オオムチに向かって次のように宣せられたとされています。

 

「汝は大国主神。宇都(うつ)志(し)国(くに)玉(たまの)神(かみ)となり、国を造り、宮殿を造るのだ」

大国主とは国を治める者の尊称です。激甚なる試練を耐えたオオムチ(大己貴神)は、大国主(だいくにぬし)となり、スサノオの後継者として、国土を開き、国造りを行う資格を得たのです。

 

大国主神は大黒様とも言われて、打ち出の小槌を持ち、にこやかなえびす顔で、人々に分け施す優しい神様の印象が強いのですが、その反面、大国主は、「八千(やち)矛(ほこ)の神」とも呼ばれ、広く国を治める為に、矛をもって服(まつ)ろわぬ曲津(まがつ)神(かみ)を戦いによって退けて、国造り・人造りを推し進められました。

 

また、大国主神には、少名彦(すくなひこなの)神(かみ)という高天原におられる神皇産霊(かみむすびの)神(かみ)の御子(天津神のご子孫)がお側につかれ、兄弟にようにお二人で、葦原(あしはら)中(なか)つ国(地上の国、日本のこと)の開発をなされました。大国主神(オオクニヌシノカミ)と少名彦(すくなひこなの)神(かみ)は、人民を「み宝」と呼び、政を行われました。また、二神は、医療や土木治水、農耕に至るまで人々の生活のためにあらゆることを施されたことが記紀には紹介されています。医療は、因幡(いなば)の白ウサギの説話に象徴的に示されています。また、「葦原中つ国」に農耕がもたらせたのもこの時とされ、少名彦(すくなひこなの)神(かみ)は、大国主神とともに、農耕神と称されています。

 

このように、大国主神は、地上の「葦原中つ国」日本を長い間、治めていました。その勢力圏は、列島の日本海沿岸を中心に、九州から近畿地方、東北をのぞく東日本にも及んでいたといわれています。実際、奈良県の三輪山の大神(おおみわ)神社(じんじゃ)の祭神は、大国主神の第1子の事代(ことしろ)主(ぬし)神(かみ)とされています。大国主(おおくにぬしの)神(かみ)が国造りを為してから30年以上経過した時、少名彦(すくなひこなの)神(かみ)は、「この広い大和の国で為すべきことはなした」として、熊野の岬から、常世(神の御国)へ旅立っていかれました。なお、一説には、神の御国と解釈される常世とは、外国の神の世界という見方もあります。