記紀(天地開闢)

天地開闢

 

日本の神話において、天地開闢(てんちかいびゃく)(天地のはじめ)のストーリーとして、「古事記」では、最初にアメノミナカヌシ(天之御中主神)が登場します。天之御中主神は、天地の始まりと共に成した宇宙の根源(宇宙そのもの)とされている至高の神であり、その御神名は、天(高天原)の中央に座する主宰神という意味です。

 

その後、タカミムスヒノカミ(高御産巣日神)、それからカミムスヒノカミ(神産巣日神)が現れ(この三柱の神を「造化三神(ぞうかのさんしん)」と呼ぶ)、さらに、ウマシアシカビヒコヂノカミ(宇摩志阿斯訶備比古遅神)、アメノトコタチノカミ(天之常立神)が現れます。

 

天地開闢の時にあらわれたこれら五柱の神々を、「別天津神」(ことあまつかみ)(特別な神という意味)と呼びます。これらの神々は人間の形をした神ではなく、性別もなく、超越し(独(ひとり)神(がみ))、ありとあらゆるところに満ちていて、姿をとらえることはできません。

 

五柱の神々が出てきた後、神世七代(かみのよななよ、又はてんじんしちだい)と言われる七代の神々が現れます。その最初の神が、国之常立神(くにのとこたちのかみ)で、最後の七番目の神が、イザナギノカミ(伊邪那岐神)(またはイザナギノミコト(伊弉諾尊))と、イザナミノカミ(伊邪那美神)(またはイザナミノミコト(伊弉冉尊))です(以下「イザナギ」と「イザナミ」と表記)。

 

イザナギは男神とイザナミは女神で、初めて人間の姿をした神様と言われています。この時代はまだ天と地がはっきりと分かれておらず、別天津神たちは、イザナギとイザナミに、その頃まだ水の上に油が浮かんでいるようなふわふわとしたものに過ぎなかった大地を完成させるよう命じられます。そこで、イザナギとイザナミは、天と地の境目になる天の浮橋に立って、天沼矛(ぬぼこ)と呼ばれる鉾を持って、雲の隙間から、混沌とした下界の大地をかき混ぜ始め、その鉾を引き上げると、沼矛の先からぽたぽたと滴り落ちて、積もって固まったものが、オノゴロ島(淤能碁呂島)と呼ばれる島で、神話上、この島が日本列島の起源となります。

 

 

国産み・神産み

オノゴロ島に天降り、住居(神殿)を持ったイザナギとイザナミは、淡路島、四国、を生み、次に、隠岐、九州、本州、壱岐、津島(対馬)、佐渡、さらに本州の八つを産みました(この八つの島を総称してを大八島(おおやしまの)国(くに)と言う)。その後、二神は、国土だけでなく、石や壁など家宅の神々や、風の神、山の神、海の神、川の神といった自然にまつわる神々を次々に産んでいきます。

 

ところが、イザナギとイザナミの最後の交わりで、イザナミが火の神カグツチ(火之迦具土神)を産んだ時に大やけどしてしまい、それが元で死んでしまいました。これを嘆いたイザナギは、カグツチを剣で切り殺します。その時に付着した血から、雷神とも剣の神と称されるタケミカヅチノカミ(建御雷之男神または武甕槌神)が生まれました。(なお、タケミカヅチは、現在、茨城県の鹿島神宮の主神でもあり、国譲り神話にも登場する相撲の元祖としても有名)。

 

イザナギは、亡き妻イザナミを慕って、黄泉(よみ)の国(死者の国)に会いに行くのですが、そこには腐敗して醜い姿に変わり果てたイザナミに慄(おのの)き、結局逃げ帰ってきます。そして、日向(現在の宮崎県)の地へ赴き、黄泉の国での穢れを取り去ろうと水の中に入って禊(みそぎ)をするのですが、その時、左目を洗ったときに太陽神・アマテラスオオミカミ(天照大神)、右目を洗った時に、月の神または暦の神でもあるツクヨミノミコト(月読尊)、鼻を洗った時に、後に八岐大蛇(やまたのおろち)を退治するスサノオノミコト(須左之男命)が生まれます。

 

この三柱の神は、これまで産まれた様々な神々(八百万(やおよろず)の神)の最後にあたり、特に「三貴子」と呼ばれます。そして、イザナギ神の指示で、天照大神は、八百万の神々がまします天上界の高天原を、月読尊は夜の世界を、そして須左之男命は海をそれぞれ治めることになります。この高天原の主宰神とされる天照大神が、記紀(古事記・日本書記)では、天皇の祖神(皇祖神)とされる神様で、八百万の神々の中では最高神の地位を占めておられる女神です。現在では、伊勢神宮の祭神として祀られています。