安土桃山時代

安土・桃山時代

 

織田信長(1534~1582)

 

1560年,桶狭間の戦いで、今川義元を破る。

1568年,信長入京

1570年,姉川の戦い,浅井・浅倉を破る。

571年,比叡山(延暦寺)焼き討ち。

1573年,将軍足利義昭を追放して室町幕府を滅ぼす。

1574年,伊勢長島の一向一揆平定。

1575年,長篠の戦い・・鉄砲隊。

1576年,安土城を築く。

1580年,石山合戦・・蓮如の石山本願寺・一向宗平定(11年に及ぶ戦い)。

1582年,天目山の戦い,武田家滅亡。

1582年,本能寺の変

 

信長の政策

  • 南蛮貿易の推進とキリスト教の保護(表裏一体)

鉄砲を望む。ルイス・フロイス,ヴァリニャーニらの宣教師を優遇、天正遣欧使節。

  • 仏教弾圧

 

  • 楽市楽座 ― 関所の廃止 → 自由経済(交易)の奨励。
  • 都市の直轄: 堺(矢銭,軍資金2万貫を課す),京都
  • 撰銭 (えりぜに) 禁止令

当時、多くの貨幣が流通していたが,商品取引きの際、悪銭を嫌い良銭を選ぶという貨幣選択(撰銭)が行われ、流通が阻害された。

 

  • 差出検地 ・・ 各種の領主から土地台帳を出させて,領国内の土地収納高などを把握した土地調査。

 

 

豊臣秀吉(1537~1598)

 

1582年,山崎の戦い,明智光秀を討つ

1583年,賤ヶ岳の合戦,柴田勝家を討つ

1584年,小牧・長久手の戦い,徳川家康と和睦

1585年,四国平定

1586年,太政大臣に就任,豊臣の姓を受ける

1587年,九州平定(島津氏)

1590年,小田原平定(北条氏),奥州平定(伊達氏)

1598年,秀吉,死去

 

1615年,大坂夏の陣で豊臣家滅亡。

 

体制・・秀吉の独裁

五奉行:浅野長政、前田弦以、石田三成、増田長盛、長束正家

 

五大老:豊臣秀吉が死後の重要政務を任せるために任命した5人の有力大名のことである。

徳川家康(筆頭),前田利家,宇喜田秀家,上杉景勝,毛利輝元

 

<秀吉の政策>

 

  • 太閤検地―土地の面積、収穫高、等級、耕作人などを実測調査させ検地帳を作成。

一地一作人:一つの土地に何人もの権利が重なり合う状態を整理。ゼロから戸籍を作り直した。土地耕作人を納税責任者とした。⇒ 荘園制が名実共に消滅。

 

石高制 ― 米の収穫高に換算して土地の価値を決めていた。畑でなくても商業地、住宅地なども。今はお金で換算。

 

  • 刀狩

農民から武器を取り上げる ⇒ 兵農分離。 武士と農民の身分が明確に分けられた。

 

  • 惣無事令

戦国大名に対する戦闘禁止令,全国の戦国大名を統制。

 

  • 宗教政策と貿易政策

キリスト教保護 から 禁教へ。

サン=フェリペ号事件 ⇒ 26聖人殉教(長崎)

バテレン追放令(1587年)を出して宣教師を国外追放した。

 

貿易には積極的で朱印船貿易を奨励した。

 

朱印船貿易― 朱印状を発行して貿易を行わせた。

1588年に海賊取締令を出して、倭寇を取り締まり、京都・堺の豪商に東南アジアへの貿易を奨励した。

 

  • 朝鮮出兵:文禄の役(1592年),慶長の役(1597年),失敗

小西行長、加藤清正らが出兵。