日本国憲法

「出版関係者の方へ」で提案した、今までの通説に疑いの目を向ける企画、「タブーに挑む」シリーズの一つです。現在の日本国憲法は、アメリカ(マッカーサーのGHQ)からの押しつけ憲法であると言われています。果たして、本当にそうなのでしょうか?日本国憲法を考えます。

 

日本国憲法(全文)

皇室典範(全文)

 

☆★☆★

日本にも革命が起きていた!?

憲法学の世界において、日本では戦後、革命が起きたことになっているってご存知でしたか?日本国憲法は、明治憲法の改正手続きに則って改正されました。明治憲法は天皇の名のもとに制定された憲法(君主主権の憲法)で、日本国憲法は国民の名の下に制定された憲法(国民主権の憲法)です。しかし、その君主(天皇)主権の明治憲法の改正手続きに基づいて、国民主権の憲法に変わることは、憲法学上ありえないそうです。

 
そこで、憲法学の世界では、この矛盾のつじつまを合わせに、何と「革命」が起きたと解されているのです。ポツダム宣言を受諾する革命が起きて、天皇主権の国から国民主権の国に変革したそうです。この考え方に対しては、「欧米の価値観に凝り固まった欧米かぶれの憲法学者の理論」とか、「日本にもフランス革命のような「革命」を起こしたい共産主義者の理論」など辛辣な批判がなされていますが、現在でもこの考えは「8月革命説」と呼ばれて、憲法学上通説となっているのです。

 

日本国憲法を否定的に捉える人々は、「8月革命説」のような空想的な理論をもってきてこじつけなければならないほど日本国憲法は正当な憲法とは言えない、なぜなら、日本国憲法はアメリカによって押しつけられたものであるからだ」と批判します。
 
では、日本国憲法がいかに押しつけられたのか・・・・・・、