2017年11月29日

ローマ法王 スーチー氏と会談

ローマ法王 宗派間和解呼びかけ スーチー氏と会談
(毎日新聞2017年11月28日)

 

ミャンマーを訪問中のフランシスコ・ローマ法王は28日、首都ネピドーでアウンサンスーチー国家顧問兼外相と会談した。その後演説した法王は「平和構築と国民的和解は正義の支持と人権の尊重のみで実現できる」とし「宗教上の差異は分断と不信の源である必要はない」と呼びかけた。スーチー氏が政権の第一課題に掲げる少数民族武装勢力との和平や、西部ラカイン州から隣国バングラデシュに逃れた60万人を超える少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の問題を念頭においた発言だ。ただ法王は「ロヒンギャ」という言葉は使わず、民族の呼称として認めないミャンマー政府の方針を尊重した。

 

一方、スーチー氏は「全て(の人々)の権利を守り、寛容を育て、安全を確保する」ことによって国の多様性を確保することの重要性を強調。そのうえで、ラカイン州には「多くの問題」があることを認めた。フランシスコ法王は27日にミャンマー最大の都市ヤンゴンに到着し、ミンアウンフライン国軍最高司令官と会談した。国軍によると、司令官はミャンマーでは信教の自由が保障され、宗教や民族による差別はないと説明。法王は宗教間の相互尊重が繁栄をもたらすと語り、ミャンマーの平和と発展を祈った。

 

国軍はロヒンギャに対する「人権侵害はない」との立場だが、今月ミャンマーを訪問したティラーソン米国務長官は「治安部隊などによる残虐行為の信頼できる報告」があるとして「深刻な懸念」を表明。帰国後に「民族浄化」だとして早急な対応を求めた。フランシスコ法王は歴代法王としてミャンマーを初訪問した。30日にバングラデシュへ移動、12月1日に首都ダッカで集会を開き、避難しているロヒンギャの人々と会う予定だ。

お名前
URL
MAIL