世界の中の日本

  • マップ
  • マップ
北アメリカ 南アメリカ 国連 ヨーロッパ アフリカ 中東 アジア 日本 オセアニア
2019年10月08日

ニュース:令和初の長崎くんち

長崎くんち開幕 秋空の下、奉納踊り

(2019/10/7、西日本新聞)

 

長崎市で380年以上続く秋の大祭「長崎くんち」(国重要無形民俗文化財)が7日、開幕した。同市上西山町の諏訪神社では早朝から、7年に1度当番となる五つの「踊町(おどりちょう)」が、それぞれの町の演(だ)し物を奉納。集まった見物客を魅了した。一番町を務めた今博多町は、6羽の鶴に見立てた踊り子が白い着物を身にまとい、本踊(ほんおどり)を披露した。魚の町は重さ2トンの「川船」を、根曳(び)きと呼ばれる男衆16人が高速で回転させる船回しを見せ、観客席はアンコールを意味する「モッテコーイ」の声であふれた。9日までの期間中、各踊町は諏訪神社など市内4カ所の踊場と、「庭先回り」として、市中心部の民家や店舗の前で演し物を披露する。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「長崎くんち」について

<概説>

「長崎くんち」は、長崎の氏神・諏訪神社の秋の祭礼行事で、380年の伝統を持ちます(2019年で、385年の歴史を迎えた)。「くんち」とは、9日(くにち)の意味の方言で、祭りが、旧暦の重陽の節句にあたる9月9日に行われたことから、長崎くんちと呼ばれるようになりました。新暦の現在は、毎年10月7日から10月9日までの3日間、行われています。アンコールを意味する「モッテコーイ」のかけ声が響き、祭りが盛り上がります。

 

長崎くんちの構成は独特で、長崎市にある59の町が5〜7町ごと7組に分かれて、その年の奉納の演し物を順番に受け持ちます。7年に1度出番がまわってくることになりますね。その年の当番に当たり、踊りを奉納する町を「踊町(おどりちょう/おどっちょう)」と言い、踊町にはそれぞれ受け継いだ演目があります。そのため、その年の受け持ち組によって、毎年、出し物が変わります。名物演目は、「鯨の潮吹き」「コッコデショ(太鼓山)」「竜宮船と乙姫」「宝船・七福神」「大漁万祝恵美須船」「唐子獅子踊り」などさまざまありますが、祭のシンボルとなっている演目が「龍踊(じゃおどり)」です。

 

龍踊(じゃおどり)

龍踊りは、ドラや太鼓、龍声ラッパなどの独特な拍子に合わせて、全長20メートルにもなる龍を、唐人風の衣装をまとった「龍衆」が十人が体を上下左右に振り、くねらせながら、一人の「玉使い」の操る柄の先の珠を追う「玉追い」、とぐろを巻いての「玉隠し」や自分の体の下をくぐり抜ける「胴くぐり」を行う演目です。

 

長崎の龍踊りは、もともと中国から移入されました。中国において、龍踊りは、数千年前、五穀豊饒を祈る雨乞い神事(儀式)に始まりました。龍が追い求めて乱舞する玉は、太陽と月を表し、龍が玉を飲むことによって、空は暗転し、雨雲を呼び、雨を降らせると信じられているそうです。このように、龍踊りは、日照りに苦しむ、農民の祈りから始まったもので、その後、お祝いや.祭りなどの年中行事に、欠くことの出来ない催物となっていました。

 

日本では、長崎の唐人屋敷の中で、享保年間(約250年前)には既に、毎年正月十五日(上元の日)に演目として奉納されていたそうです。当時、唐人屋敷と隣接し密接な関係にあった長崎市本籠町(もとかごまち)の町民が、唐人達の指導を受け、「おくんち」の奉納踊となりました。明治になり、諏訪町(すわのまち)に伝わり、最近では筑後町や五島町も参加し、現在、この龍踊りを受け継ぐのは、59の踊町のうち4町(籠町、諏訪町、筑後町、五嶋町)となっています(それぞれが別の組に属しているので、現在、龍踊りが見られるのは7年のうち4年ということになる)。

 

こうして、三百余年の間に、その踊り方を完全に習得し日本独特の巧妙な演技を見せるに至り、龍踊りは異国情緒豊かな、長崎独特の郷土芸能として、全国的に知られています。1979(昭和54)年には、長崎くんち奉納踊として国の無形文化財に選定されました。

 

コッコデショ

なお、龍踊(じゃおどり)と以外に、全国的に知られた「おくんち」の演し物(だしもの)は、樺島町のコッコデショと言えるかもしれません。コッコデショは、正式には太鼓山という名称の演目で船を意味し、商船の船頭衆の踊りが伝わったもので、担ぎ屋台となった山車に、5色の大座布団を載せて屋根としています。江戸時代、長崎で陸揚げされた貿易品は堺商人の廻船で全国に運ばれており、商船の船頭や水夫は樺島町の宿を定宿としていたそうです。この太鼓山を担ぐときの「コッコデショ」というユニークな掛け声が評判になり、そのまま演し物の名称となりました。ちなみに、コッコデショは、「ここでしよう」という意味です。

 

 

<参考>

長崎旅ネット

鎮西大社諏訪神社HP

龍踊の基礎知識(長崎龍踊の会HP)

龍踊りの由来(長崎国際観光コンベンション協会HP)

長崎くんち(長崎伝統芸能振興会HP)

Wikipedia(長崎くんち)