憲法

私の主張

 

自主憲法の制定!

安倍政権での憲法改正は改悪となる懸念から反対

 

1. 憲法9条堅持

9条は、日本がアメリカの戦争に参加させられないための最後の砦!

個別的自衛権を追記。

9条があれば安保法制は違憲となる。

 
2.「緊急事態条項」を明記

憲法は、国民の安全と人権を守るために、あらゆる事態を想定し、備えておかなければならない。この中には同条項を濫用されない規定を設けることも含まれる。現在の最も大きなリスクは、安倍政権の改憲で「緊急事態条項」が明記されることである。

 

3.「財政均衡条項」を明記

無責任な政治家と官僚の予算編成によって、これだけの財政赤字を抱えてしまった。次世代の子ども達のために、財政規律が必要である。もはや、憲法で掲げて強制するしか手立てはないところまで来てしまった。

 

4.「天皇は国家元首」を明記
あらゆる主権国家には国家元首が当然存在する。日本では歴史的・現実的に象徴天皇である。