世界の中の日本

  • マップ
  • マップ
北アメリカ 南アメリカ 国連 ヨーロッパ アフリカ 中東 アジア 日本 オセアニア
2017年10月02日

比叡山延暦寺、秘仏の本尊、お目見え

秘仏の本尊、33年ぶり姿…比叡山延暦寺
(2017年10月01日、読売)

 

天台宗総本山・比叡山延暦寺(大津市)の釈迦堂で30日、秘仏の本尊・木造釈迦如来立像(しゃかにょらいりゅうぞう)(重要文化財)の33年ぶりとなる開帳を前に、法要が営まれた。

 

10月1日~12月10日に行われる開帳は、比叡山の荒行・千日回峰行を始めた僧侶・相応(そうおう)(831~918年)の1100年御遠忌(ごおんき)を記念した特別行事。僧侶が声明(しょうみょう)などを唱える中、釈迦堂輪番(責任者)の武覚超(たけかくちょう)・大僧正が内陣に入って厨子(ずし)の扉を開くと、宗祖・最澄作とされる仏像が姿を現した。本来、立ち入ることができない釈迦堂の内陣は8月から公開されており、すでに約2万人が訪れている。同寺の小堀(こぼり)光實執行(こうじつしぎょう)は「貴重なお釈迦様とご縁を結び、心を豊かにしてほしい」と話していた。

 

2017年09月20日

比叡山延暦寺「千日回峰行」達成

比叡山延暦寺「千日回峰行」、戦後14人目達成
(TBSニュース、2017年9月18日)

 

滋賀県大津市の比叡山延暦寺に1000年以上伝わる「千日回峰行」に挑む僧侶が1000日に及ぶ荒行を18日朝、達成しました。この行を成し遂げたのは戦後14人目です。延暦寺の荒行「千日回峰行」を満行したのは、善住院の住職・釜堀浩元さん(43)です。釜堀さんは、これまでに比叡山の峰々を巡礼する「回峰行」や9日間の断食などの過酷な修行をやり遂げ、18日朝、最後の巡礼を終えて1000日間、7年に及ぶ修行を満行しました。この行を成し遂げたのは戦後14人目で、釜堀さんには生き仏で信仰の対象となる「大行満大阿闍梨」という称号が与えられました。

 

2017年09月15日

伊勢神宮祭主に、黒田清子さん就任

伊勢神宮で祭主就任報告 両陛下の長女、黒田清子さん
(2017年9月14日、産経新聞)

 

天皇、皇后両陛下の長女、黒田清子さん(48)が14日、6月に伊勢神宮(三重県伊勢市)の神宮祭主に就任してから初めて同神宮を参拝し、就任を報告した。10月には、初めての祭典となる神嘗祭に臨む。白いドレスを着た黒田さんは、参拝客らに見守られながら神職らに先導されて参道をゆっくりと進み、天照大神が祭られている正宮を参拝した。

 

祭主は、天皇陛下の代わりとして天照大神に仕え、同神宮の神職をまとめる役職。代々、皇族や元皇族が務め、黒田さんで11人目。昭和63年から祭主を務めた天皇陛下の姉、池田厚子さん(86)が6月19日付で退任し、同日付で黒田さんが就任した。黒田さんは平成24年~25年にも、臨時の祭主を務め、20年ごとに社殿を造り替える式年遷宮で池田さんを補佐した。

 

★☆★☆

伊勢神宮祭主に清子さん 天皇陛下の長女 
(2017/6/20、日本経済新聞)

 

伊勢神宮(三重県伊勢市)は20日、神宮祭主の池田厚子さん(86)が退任し、天皇、皇后両陛下の長女、黒田清子さん(48)が就任したと明らかにした。19日付。池田さんは天皇陛下の姉。伊勢神宮によると、池田さんは1988年から、神宮祭主を務めた。黒田さんは2012~13年、臨時の神宮祭主に就任、13年の式年遷宮で池田さんを補佐した。

 

神宮祭主は天皇陛下の代理として、神嘗祭などの祭典で神宮に赴く。代々、皇族か以前皇族だった人物が就任している。

2016年08月09日

ブログ&ニュース:天皇陛下、「お気持ち」表明

「象徴の務め困難に」天皇陛下、生前退位を示唆
(2016年08月08日、読売)

 

天皇陛下は8日、国民に向けたビデオメッセージで、「高齢となった天皇の望ましい在り方」についての考えを発表された。82歳の陛下は数年前から高齢による体力の低下を感じ、「象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか」と案じていると語り、終身天皇を前提とする制度の問題点に触れて生前退位の意向を示唆された。宮内庁によると、皇太子さまと秋篠宮さまも陛下のお考えを了承されている。安倍首相は同日、陛下のお言葉について「重く受け止める」と述べた。政府は法整備に向けた議論に着手する方針だ。

 

ビデオでは、天皇の憲法上の立場から、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えるとしたうえで、約10分間にわたり、個人的な考えを述べられた。陛下は即位からの28年間を振り返り、「人々の傍らに立ち、声に耳を傾け、思いに寄り添う」ことを大切にする自身の天皇観を語られた。

 

★☆★☆

事態が重大であるので、不用意な個人的な見解は避けたいと思いますが、一言だけコメントすれば、天皇の「お気持ち」が政治利用されないことを強く望みます。特に、憲法改正との関連での政治的な動きには注目したいと思います。

 

憲法改正をやりたい安倍政権は、明治憲法(帝国憲法)下の天皇の地位の復権を目ざしていると言われていますが、旧憲法下で認められていなかった生前退位は認めたくないと言われています。また、護憲派からすれば、天皇の生前単位が実現するとすれば皇室典範の改定となる可能性がありますが、そうなると憲法改正議論より優先されると見られており、生前退位を支持するとの見方もあります。逆に、天皇の生前退位の問題の解決と抱き併せで、憲法や皇室典範の改正を一気に進めるということも考えられます。例えば、憲法改正案として、天皇の地位や、皇位継承の項目を明確に記載するなどです。

 

いずれにしても、天皇や皇室について考えるよい機会です。政府や国会では、慎重に確実に、広く公開して、この問題に取り組んでもらいたいと思います。

 

 

 

 

2016年07月14日

ニュース:天皇陛下、「生前退位」の意向

このニュースも、時代の転換点になることを示唆しているのでしょうか?皇室典範の改訂となれば、国会では憲法j改正の議論も先送りされるという意見があります。注目です。

 

★☆★☆

皇室 天皇陛下「生前退位」意向 数年内に譲位
(毎日新聞2016年7月13日)

 

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁関係者に示されていることが、政府関係者への取材で分かった。数年以内の譲位を望まれているといい、宮内庁は陛下自らがお気持ちを表明する方向で調整を進めている。皇室制度を定めた「皇室典範」に天皇の退位に関する規定はなく、皇室典範の改正を含めた議論につながる可能性がある。

 

陛下は現在82歳。2012年2月に心臓の冠動脈バイパス手術を受けた後は宮中祭祀(さいし)を減らす一方、憲法に規定された国事行為や震災などの被災地のお見舞い、外国元首との会見など多くの公務を続けている。

 

関係者によると、陛下には現在健康上の問題はないが、公務を大幅に削減したり摂政などの代役を立てたりする形で天皇の位にとどまることは望まれていない。「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」との考えを持ち、ご意向は、皇后さまや皇太子さま、秋篠宮さまに示されているという。

 

宮内庁はこれまで、生前退位に否定的な考えを示している。01年11月の参議院の調査会では、当時の宮内庁次長が、現行法が天皇の地位を安定させる観点などから退位を認めていないと説明し「現在の段階で退位制度を設けることは考えていない」と答弁している。

 

陛下は、天皇が象徴と位置づけられた現憲法下で初めて1989年に125代天皇として55歳で即位。皇后さまと臨んだ即位の会見で「憲法に定められた天皇の在り方を念頭に置き、天皇の務めを果たしていきたい」と述べた。「象徴天皇」の在り方を探り、皇太子時代からの障害者施設への訪問のほか、震災などの被災地訪問も続け、即位10年の会見で「障害者や高齢者、災害を受けた人々、あるいは社会や人々のために尽くしている人々に心を寄せていくことは、私どもの大切な務めである」と述べ、平成時代の天皇像を築いてきた。

 

一方、宮内庁は陛下の負担軽減策を探ってきた。08年12月に心労が原因とみられる不整脈などで体調を崩したことを受け、09年1月には式典での「おことば」の多くを取りやめるなどの軽減方針を発表。11年11月には秋篠宮さまが会見で「定年制は、やはり必要になってくると思う。ある一定の年齢を過ぎれば、人間はだんだんいろんなことをすることが難しくなっていく」と述べたこともあった。

 

陛下は12年2月に心臓の冠動脈バイパス手術を受けたが、直後の東日本大震災の追悼式に出席。同年の79歳の誕生日を前にした会見で「今のところしばらくはこのままでいきたい」と述べていたが、両陛下が始めた「こどもの日」や「敬老の日」にちなんだ施設訪問は14年を最後にし、皇太子さまらに引き継がれた。宮内庁は今年5月、国や地方の行政機関などの長との面会を減らすことを発表したばかりだった。

 

宮内庁によると、昭和天皇まで124代の天皇のうち、生前に皇位を譲った例は何度もあるが、明治以降にはない。欧州の王室では生前退位は珍しくなく、13年には日本の皇室とも親交が深いオランダのベアトリックス女王やローマ法王ベネディクト16世が退位し、注目を集めた。

2016年05月17日

ニュース:京都葵祭、1400年の歴史

平安行列、新緑の京を行く…葵祭
(2016年05月16日、読売新聞)

 

京都三大祭りの一つ、葵祭が15日、京都市内で行われた。鮮やかな十二単(ひとえ)姿のヒロイン・斎王代らの行列が新緑の都大路を練り歩き、沿道の約8万人を魅了した。下鴨神社(左京区)と上賀茂神社(北区)の例祭で、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願し、約1450年前に始まった。平安装束に身を包んだ女官や武官など約510人が、京都御所(上京区)から、下鴨神社を経て上賀茂神社までを約5時間かけて進んだ。第61代斎王代の京漆器製造販売「象彦(ぞうひこ)」社員の西村和香さん(26)(山科区)は「光栄でした。平安時代に戻ったようでした」と話していた。

2016年05月17日

ニュース:NYで仏教徒パレード

NYで釈迦の誕生日祝う=各国の仏教徒がパレード-米
(時事ドットコム、2016/05/17)

 

米ニューヨーク中心部マンハッタンの教会で15日、仏教の開祖・釈迦(しゃか)の誕生日を祝う行事「灌仏会(かんぶつえ)」(通称・花まつり)が旧暦に合わせ開かれ、現地で布教に励む世界各国の仏教徒約150人が一堂に会した。

 

色とりどりの法衣に身を包んだ仏教徒らは、鐘や太鼓を鳴らしながら教会周辺をパレード。中国の獅子舞やカンボジアの踊りなど、各国それぞれの祝い方で高層ビル街を練り歩いた。その後の式典では、生誕時の釈迦をかたどった仏像に甘茶を掛ける伝統儀礼のほか、各国の僧侶による読経や講話が行われた。チベットやバングラデシュの子どもらによる歌やダンスも披露された。

 

行事を主催したニューヨーク仏教連盟の会長で浄土真宗の僧侶、中垣顕実さん(55)は「連盟発足から30年の節目の行事に、いろいろな国の人が参加してくれた」と感慨深げに話した。

2016年05月13日

ニュース:秋篠宮夫妻、ローマ法王を表敬

秋篠宮夫妻、ローマ法王を表敬 皇室として1993年以来
(2016/5/12、共同通信)

 

イタリアを公式訪問中の秋篠宮ご夫妻は12日、バチカンを訪れ、ローマ法王フランシスコを表敬された。宮内庁によると、皇室による法王表敬は1993年に天皇、皇后両陛下が当時の法王ヨハネ・パウロ2世と会見して以来。

秋篠宮ご夫妻は法王から「ようこそいらっしゃいました」と歓迎を受け、約25分間会見。有田焼のつぼなどをプレゼントし、法王は「とても素晴らしい」と笑顔を見せた。法王は環境保護への思いを込め、昨年発表した環境問題に関するカトリック教会の重要文書「ラウダート・シ」などを贈った。

☆★☆★

 

世界の平和と友好のために、日本の皇室が今後、重要な役割を果たされるかもしれないとの期待を込めて、本HPでは、皇室外交に注目していきます。