サイトについて

むらおの政治経済情報サイト「レムリア」とは、私、村尾英俊、個人のホームページです。日本と世界を理解するために必要な政治・経済・歴史文化などの基本的知識をまとめてお伝えする教養サイトです。本ホームページで取り上げるテーマの概略は以下の通りです。

 

むらおの著作

私が執筆した本の紹介です。出版の経緯、売上げ情報、筆者のコメントなどを書いています。内容の更新や訂正なども致します。表紙のアイコンをクルックすると、出版社のサイトへ移動し、本の概要や目次、評価などを知ることもできます。

 

わたしの主張

もし、私、村尾英俊が政治家だったらとして、私のマニフェスト(政権公約)を書きました。個人的な主観ですが、日本がこういう国になって欲しいという願いを込めたものです。

 

 世界の中の日本

「日本」、「アジア」、「オセアニア」、「中東」、「アフリカ」、「ヨーロッパ」、「南北アメリカ」、「国連」の不可欠情報とニュースを提供します。上記した地域ごとの情報を知りたければ、世界地図上の地域や国連旗を直接クリックして下さい。トップページ右蘭の「世界の中の日本」から入ることも可能です。

また、「レムリア」の目玉の一つは世界地図です。地図をスクロール(移動)して、欧州やアメリカ版の(自国が地図の真ん中にくる)世界地図にすることができます。地図の見方を変えれば、世界が見えてくることもありますよ。

 

「日本国憲法」から「世界の歴史・思想」まで

教養として知っておいていただきたいテーマをカテゴリー別にしました。学校教育では習っていないこと、あまり真剣に取り上げられなかったテーマを、独自の視点でまとめていきたいと思っています。

 

翻訳・リサーチサービス

政治外交・経済金融・文化歴史に関する翻訳(英⇒日)や調査レポートの作成を請け負います。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

出版関係者の方へ

企画出版(商業出版)してもらいたい企画案の概要と目次、一部はサンプルも載せてあります。関心を持たれた出版社または編集プロダクションの方は是非、ご一報下さい。

 

―「レムリア」とは?―

私の趣味の一つは、古代史研究。かつて太平洋・インド洋に存在していたとされる超古代の幻の大陸、「レムリア大陸」!。そこでは、高度な科学技術が発達し、理想的な政治が行われていたと言われています。本サイトの「レムリア」は、このレムリア大陸から採りました。

 

ひとこと

(令和元年6月6日)

2019年5月1日、平成から令和の時代に入り、私たちは時代の大節目に立ち会うことができました。退位の礼、即位の礼における上皇陛下と天皇陛下のお言葉を、また、宮中祭祀の一端を見て、私は、自分が日本人であることを誇りに思えました。そして、皇室を守り、日本のよき伝統と文化を継承し、次の世代、またその次の世代へとつなげていかなければならないと強く感じました。

 

私たちの今の生活、現在の政治経済のシステムは、日本の伝統と文化、広い意味では、長きにわたる歴史の土台の上に構築されています。時代の流れに即した改革もこの土台の上に実行されるべきであると考えます。戦争という悲惨な出来事と、その後のアメリカによる占領政策によって、残さなければならない伝統や文化も失われてしまった観があります。もちろん、壊されるべきものもあり、新たに導入されるべき欧米の価値観もありました。

 

では、これから、何を守り、何を変えていくべきでしょうか?そのことを知るためにも、私たちは、日本の歴史(神話を含む)、伝統、文化を改めて学ばなければなりません。ところが、戦後教育の影響もあったのでしょうか、私たちは日本のことを知らなすぎではないかと思います。

 

そこで、本HP「レムリア」は、日本の歴史・文化、政治・外交など学校教育で比較的蔑ろにされてきたテーマの学び直しの場としたいと思います。日本についてのしっかりとした知識の土台があって初めて日本の制度をいかに改革させていくべきか、世界とどのようにかかわっていくべきかの答えも自ずと出てくるのではないでしょうか。